イギリス王室のロイヤルファミリーたちが使う「グループチャット」の存在が発覚。そこで繰り広げられる会話とは?(フロントロウ編集部)

王族もあのチャットアプリを使用中

 何百年と続いてきた英国王室と聞けば、その格式の高さを思い描きがち。しかし、子供の育児で忙しい若い世代のロイヤルファミリーにとっても、多くの国民が使う“文明の利器”は手放せないよう。

画像: 王族もあのチャットアプリを使用中

 エリザベス女王の孫ザラ・ティンダル(旧姓ザラ・フィリップス)の夫であるマイク・ティンダルによると、ロイヤルファミリーのメンバーも、イギリスでよく使われるチャットアプリWhatsAppを使用しているそう。

 さらにそこでは、多くの“親”がしている会話と同じやり取りがされているという。マイクが英ニュース番組『Good Morning Britain』でこう明かした。

「みんなで集まることを計画して、どこかに行く。それは(ロイヤルファミリーでも)同じことですよ。もし行くとしたら『子供は連れてくる?』ってかんじでね。非常に多くの家族がWhatsAppのグループを作っているでしょう」

画像: 左からヘンリー王子、ザラ・ティンダル、マイク・ティンダル、キャサリン妃、ウィリアム王子。

左からヘンリー王子、ザラ・ティンダル、マイク・ティンダル、キャサリン妃、ウィリアム王子。

 マイクは2018年に英TheDaily Mirrorにて親族のグループチャットに「ザラのいとこたち」も入っていることを明かしているため、ザラのいとこにあたるウィリアム王子ヘンリー王子の一家もグループチャットに参加している可能性は高い。

 親族一同が集まることも多い英国王室。とくに育児世代のロイヤルファミリーは、効率的な手段で連絡を取り合っているよう。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.