映画『トワイライト』の出演で大ブレイクしたクリステン・スチュワートが、同作で共演したロバート・パティンソンとの過去の恋愛事情について明かした。(フロントロウ編集部)

クリステンが明かす、過去の恋愛

 全世界で“ヴァンパイア”ブームを巻き起こし、キャストたちも人気を博した映画『トワイライト』。同作で主人公ベラ・スワンを演じたクリステン・スチュワートとエドワード・カレンを演じたロバート・パティンソンは、同作の共演をきっかけに交際をスタート。

画像: 映画『トワイライト』出演当時

映画『トワイライト』出演当時

 劇中のカップルがリアルカップルだったことでも話題になり、かつては“ロブステン”の愛称で親しまれていた2人。連日デート現場がキャッチされるなど、彼らが恋愛関係にあることは明らかだったけれど、クリステンとロバートは交際宣言をすることはなく、ファンをヤキモキさせていた。

 本人たちが交際を認めることを世間が待ち続けた一方で、一切口を割らなかったクリステンが、先日雑誌Harper's Bazaarのインタビューで、なぜロバートとの恋愛を“隠し続けたのか”について、こう話した。

画像1: クリステンが明かす、過去の恋愛

「私とロブが交際していたとき、従うようなお手本がなかった。ひとつの側面をコントロールしようとして、私たちは『絶対この関係について話したりしない。絶対にね。なぜならこれは2人のものだから』って考えていたけれど、それは私たちから多くのものを奪ってしまった」

 2008年から2013年までの5年間、破局と復縁を繰り返しながらもロバートと恋愛関係にあったクリステンは、当時ロバートと共にプライベートの生活やお互いとの関係をを守ろうと躍起になっていたことを告白。

画像2: クリステンが明かす、過去の恋愛

 『トワイライト』の出演で、一気にスターダムを駆け上がったクリステンとロバートだけに、私生活がいきなり世間にさらされるようになり、その関係を頑なに隠そうとしたけれど、それが理由で2人が手放さなければならなかったものがあったと話した。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.