女優のブレイク・ライブリーと俳優ライアン・レイノルズ夫妻が、家族と離れ離れになってしまった移民の子供たちのために2億円を寄付した。(フロントロウ編集部)

ブレイクとライアン、2億円を寄付

 ハリウッドきってのおしどり夫婦として知られる女優のブレイク・ライブリーと俳優のライアン・レイノルズが、連名で、移民の子供たちのために約2億2000万円(200万ドル)を寄付したことが明らかとなった。

画像: ブレイクとライアン、2億円を寄付

 2人が寄付したのは、「NAACP Legal Defense and Education Fund (LDF)」と「Young Center for Immigrant Children’s Rights」という2つの団体。どちらの団体も、移民の子供たちの権利を守るために活動している。

 今回の寄付について、ブレイクとライアンは、「(両団体の)正義や民主主義に対する姿勢だけでなく、人道的な献身にも感銘を受けました。ここ数年で、私たちがもつ視野を大きく変えてくれました。この世界に思いやりと他者を思う気持ちを育てるため、できること全てをしなくてはならないと気がついたのです」と寄付の理由を明かしている。

メキシコとアメリカの移民問題

 現在アメリカとメキシコの国境には、移民に対して強硬な姿勢を示すドナルド・トランプ米大統領のもと、密輸や密入国を防ぐ目的で「壁」と呼ばれるフェンスが設置されている。昨年5月には、親と引き離された子供たちが金属製のフェンスでできた檻のような施設に収容されている様子の写真や、親に会いたいと子供たちがすすり泣く音声などが拡散され、国内外から批判を浴びていた。

画像: メキシコとアメリカの移民問題

 この世界規模での大きな反発を受け、今年6月にはトランプ大統領がこの措置を撤回。しかし、いまもなお多くの移民の子供たちが親と引き離されたままになっていると報じられている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.