突然の「引退宣言」が世間を騒がせたラッパーのニッキー・ミナージュが宣言を”撤回”した。(フロントロウ編集部)

引退宣言を撤回「唐突すぎた」

 「私、引退して家庭を持つことにしたわ。それであなたたちは幸せなんでしょ。私を応援し続けてくれるファンのみんな、私が死ぬまで、それを続けてちょうだい。マスに×(チェック)をつけるわ。だって私は誰にもチェックなんてされない。私もみんなの事を一生愛してる」という意味深なツイートで突然の引退宣言をして世間に衝撃を与えたニッキー・ミナージュ

 宣言から一夜明け、ニッキーが、ファンとのやりとりのなかで「私はまだここにいる」と、音楽活動から退くという発言を撤回した。

 引退宣言後に殺到した、ファンからの「もっとちゃんと説明して欲しい」というリクエストに返信する形で、ニッキーはこうコメント。なぜ引退宣言をするに至ったか、自身のラジオ番組『クイーン・レディオ』の中で説明すると約束した。

「私はまだここにいるわ。私はまだあなたたちのことを狂おしいほど愛してるし、みんなもそのことは分かってるわよね。今考えると、この件については『クイーン・レディオ』で話し合うべきことだった。だからそうすることにしたわ。あなたたちにはきっと喜んでもらえると思う。ゲストは招かず、私たちだけで全てについて話し合いましょう。(引退宣言の)あのツイートは唐突すぎたし、無神経だったわ。ごめんなさい」

 気まぐれな言動で知られるニッキーの引退宣言については、自身を誹謗中傷する人たちへの当てつけなのではないかとも推測されていたため、この撤回発言にも「やっぱり…」といったリアクションが多い。

 ラジオ番組でファンにすべてを語ることを約束した彼女だが、昨今浮上している、元レイプ犯の恋人ケネス・ぺティとの結婚や妊娠のウワサについても言及することになるのだろうか。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.