シンガーのカミラ・カベロが、同じくシンガーで恋人のショーン・メンデスへの“愛”を打ち明けた。(フロントロウ編集部)

カミラにとってショーンは大切な存在

 先日、米ELLEのインタビューで、交際中のショーン・メンデスとの恋愛について多くを語らない理由について、“恋は自分と彼だけのものだから、それを守るために彼との関係については話さない”と明かしたカミラ・カベロが、米E!Newsのインタビューでショーンのことを「心から愛してる」と認めた。

 「彼のことを前から愛していたし、今も心から愛してる。私たちはずいぶんと長い付き合いで、知り合ってからずっとお互いに支え合ってきた。(一時期)疎遠になってたのは、単純に会う機会が減ってしまったからだと思う。だから、(『セニョリータ』のレコーディングを通して)再会を果たし、また一緒に時間を過ごせて嬉しかった」

 ELLEのインタビューで宣言した通り、交際の詳細については語らなかったものの、「彼のことを心から愛してる(I love him with all my heart)」と、はっきりとショーンへの“愛”を口にして、ショーンが自分にとっていかに大切な存在であるかを示した。

画像: twitter.com
twitter.com

 ちなみに、カミラはE!Newsのインタビューで“恋に落ちる”ことについて、こんな風に語っていた。

 「誰かと恋に落ちることは、アーティストにものすごく良いインスピレーションを与えると思う。だって、自分の世界を広げてくれるから。私的に、恋に落ちることは自分の弱さをすべてさらけ出すってことね。一気に色々なことが起きて、自然とオープンになる。誰かと恋に落ちた時、私はまず音楽を聞いて、泣くの。涙もろいのよね。でも、それって私自身が前より開放的になって、自分の感情に素直になったってことだと思うの。喜びや恐れ、ありとあらゆる感情に対してね」

 数年前から熱愛のウワサが絶えなかったショーンとカミラは、大ヒット中のコラボ曲「セニョリータ(Señorita)」が発売された直後の今年7月に入ってから急接近。2人ともはっきりとした交際宣言をすることを避けているものの、これまでにデートをしているところやキスしているところを何度もパパラッチされている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.