超働き者のテイラー・スウィフトが、じつは、オフの日には驚くほど「怠惰な生活」を送っていることを明かした。(フロントロウ編集部)

超多忙の反動?オフの過ごし方が「怠け者」すぎる

 シンガーのテイラー・スウィフトは、8月に発表した新アルバム『ラヴァー(Lover)』のリリース前から世界各都市でのプロモーション活動に精を出し、その甲斐もあって、『ラヴァー』の発売初週売り上げは米国内だけでも100万枚の大台に迫る伸びを記録。さらに、収録曲計18曲のすべてがビルボードチャートのHot100にランクインするという女性アーティストとしては史上初の快挙を達成した。

 アルバムリリース後も人気ファッションブランド、ステラ・マッカートニーとのコラボコレクションのポップアップ・ストアに顔を出したり、「恋人」を意味するアルバムのタイトルにちなんで“恋人の街”と呼ばれるフランス・パリで特別ライブを開催したりと、さらに忙しい日々を送っている。

画像: ニューヨークにオープンしたポップアップ・ストアでファンたちからの記念写真のリクエストに気さくに応じるテイラー。

ニューヨークにオープンしたポップアップ・ストアでファンたちからの記念写真のリクエストに気さくに応じるテイラー。

 2018年には前アルバム『レピュテーション』を引っさげた「レピュテーション・スタジアムツアー」を敢行し、世界7カ国36都市を巡った同ツアーで日本円にして約375億円という驚異の収益を生み出したテイラー。

 年収200億円を稼ぎ出し、2018年度の「世界で最も稼ぐセレブ」ランキングで堂々の1位に返り咲いた彼女だが、“オフの過ごし方”が、驚くほど地味かつ怠惰だった。

画像: 超多忙の反動?オフの過ごし方が「怠け者」すぎる

 パリで行った特別公演の会場で、オーストラリア人ラジオDJのアッシュ・ロンドンとのインタビューに応えたテイラーは、半日オフをもらっていた当日の行動に言及。

 時差ボケや疲労もあったためか、テイラーは、その日、会場に来るまで特に何もしておらず、なんと昨夜から夕方4時までずっと眠っていたことを告白。何よりも睡眠欲を優先してしまう“怠惰な自分”について、悪びれる様子もなくコメントした。

 「私って結構、怠け者なの。今日なんて午後4時までずっと寝てた。みんな知らないかもしれないけど、私ってかなり怠惰な性格なんだよ。表向きは、ライブとか色々なことをしたり、時々曲を書いたりしているから、そうは見えないかもしれないけど。でも、私、寝ることが、とにかくとてつもなく大好きなの」

 仕事熱心で働き者なことは確かだけれど、オフとなるとついダラダラしてしまうという、つい親近感が湧いてしまうギャップを見せたテイラー。

 9月末から放送が開始する米人気オーディション番組『ザ・ヴォイス』の最新シーズンに“メガ・メンター”と呼ばれるシンガーの卵たちへの特別アドバイザーとして出演することが発表され、11月には来日して約7年ぶりのファン・イベントを開催する予定。

 さらに、今週、テイラーが2020年の6月から8月にかけて、欧米各国で「Lover Fest East(ラヴァー・フェスト・イースト)」、「Lover Fest West(ラヴァー・フェスト)」と題したコンサートを行なうことも発表。フルツアーではないものの、アルバム『ラヴァー』からの名曲を披露する”音楽フェス形式”のライブツアーを開催することも明らかになった。

 今後も当分の間は超多忙な毎日が続きそうだけれど、オフの日は思う存分“怠け”て、元気をチャージして欲しいもの。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.