エミー賞授賞式にプレゼンターとして登場したリアリティスターのキム・カーダシアン&ケンダル・ジェンナーが、一部の出席者たちから“笑い者”にされ波紋を呼んだ騒動で新事実が判明した。(フロントロウ編集部)

本当はジョークのはずだった?

 アメリカで10年以上放送が続く大ヒットリアリティ番組『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』に出演するキム・カーダシアンと、その異父妹でモデルのケンダル・ジェンナーが、つい先日開催されたテレビ界の祭典「エミー賞授賞式」にプレゼンターとして登場。

 しかし、この時キムが口にした「私たち家族は、リアルな人々がありのままの姿を見せることが説得力のあるテレビ番組を作ると、身をもって知っています」という言葉に一部の人たちのあいだで笑いが起き、会場が微妙な空気に…。

 その直後に、ケンダルが「何のフィルターもかけてもいなければ、台本も一切ない彼らの物語を伝えるのです」と冷静に自身のパートを読み上げ、なんとかその場を乗り切ったが、“厳しい洗礼”を受けることになった2人に対し、「さすがに失礼すぎる」「キムとケンダルが可哀そう」など同情する声が相次いだ。

 そんななか、本来、キムのあの発言は「ジョークのはずだった」という証言が、関係者から聞こえてきた。この関係者が米Us Weeklyに語った話によると、キムとケンダルの発言は最初から台本で用意されていたもので、本当は笑いを取るためのジョークだったのだが、2人に説明が行きわたっておらず、大真面目に言っているように聞こえてしまったのだそう。

画像: 本当はジョークのはずだった?

 笑いが起きたあと、2人ともムスッとした表情をしていたという話もあるが、別の関係者いわく、キムもケンダルもこの状況をちゃんと理解しており、笑われたことに関しては「まったく気にしていない」と明かしている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.