2021年公開予定の映画『ジュラシック・ワールド3(仮)』に、『ジュラシック・パーク』のキャストが出演することをうけて、主演俳優のクリス・プラットがツイッターで反応した。(フロントロウ編集部)

オリジナルキャストの“復帰”を大歓迎

 2015年に第1作目、2018年に第2作目が公開された映画『ジュラシック・ワールド』シリーズの続編『ジュラシック・ワールド3(仮)』に、『ジュラシック・パーク』でおなじみのサム・ニール、ローラ・ダーン、ジェフ・ゴールドブラムの3人が出演することをうけて、主演俳優のクリス・プラットがオリジナルキャストの復帰を歓迎するコメントをツイッターに投稿した。

 「まだこのニュースを知らない人たちへ。ついにこの時がやって来た。間違いなく、シリーズ史上最もスケールがデカくて素晴らしい、最高の作品になることを心しておいてほしい」

 すべてのはじまりである『ジュラシック・パーク』のメインキャストが加わることによって、『ジュラシック・ワールド』シリーズ史上最高の作品になることを約束するとともに、「俺たちは金に糸目をつけない」というハッシュタグをつけて、映画の制作費もシリーズ史上最大級になることを示唆した。

画像: 左からジェフ・ゴールドブラム、サム・ニール、ローラ・ダーン。 twitter.com

左からジェフ・ゴールドブラム、サム・ニール、ローラ・ダーン。

twitter.com

 サムはアラン・グラント博士、ローラ・ダーンはその助手のエリー・サトラー、ジェフはイアン・マルコム博士を演じていた。ジェフは昨年公開された映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』にもちょこっとだけ出演していたので、前作に続いての出演となる。

 ちなみに、つい先日、『ジュラシック・ワールド』の特別上映会に参加したローラは、『ジュラシック・ワールド』シリーズの公式ツイッターアカウントに投稿された動画を通じて、「みなさん、こんにちは!もう聞いたと思うけど、『ジュラシック・ワールド3』でみんなと一緒に戻ってくることになりました。2021年にお会いましょう!」というメッセージをファンにおくった。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.