キアヌ・リーブスが、『マトリックス4』の台本を読んだ感想を明かした。(フロントロウ編集部)

キアヌ・リーブスの代表作『マトリックス』

 長年ハリウッド映画界で活躍するスターであるキアヌ・リーブスの代表作といえば、『マトリックス』シリーズ。

画像: ⒸWARNER BROS. PICTURES / Album/Newscom

ⒸWARNER BROS. PICTURES / Album/Newscom

 2019年8月には、第1作目の公開から20年の時を経て続編となる第4作目の制作が発表され、キアヌが主役ネオを続投することが明かされた。

 2020年に制作開始予定の『マトリックス4』だけれど、キアヌはその台本をすでに読んだという。米EntertainmentTonightのインタビューで感想を求められたキアヌは、こう話した。

「かなり挑戦的だよ。(マトリックスは)そうあるべきだからね!」

画像: キアヌ・リーブスの代表作『マトリックス』

 『マトリックス』シリーズの第1作目が公開されたのは、21世紀を迎える目前の1999年。インターネットが発達していない時代に映像化された仮想現実の世界は、世界中の人々を魅了した。

 同シリーズの脚本を担当するウォシャウスキー姉妹は、「20年前に考えた多くのリアリティについてのアイディアは、今ではより身近なものになっています」と話し、新作『マトリックス4』は「マトリックスの世界を舞台にした完全に新しい映画」になると語っている。

 『マトリックス4』では、キャリー・アン・モスもトリニティー役を続投することが決定しており、他にも多くのオリジナルキャストが戻ってくると見られている。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.