Photo:ゲッティイメージズ、スプラッシュ/アフロ
Netflix映画『キング(The King)』のプレミアイベントに登場したティモシー・シャラメのある行動が、なんとシンガーのハリー・スタイルズのファンを興奮させている。(フロントロウ編集部)

ティモシーの「手」に熱狂するファン

 ウィリアム・シェイクスピアが描いた英国王にまつわる作品を融合させた映画『キング』で主演を務めるティモシー・シャラメが、メインキャストとともにロンドンプレミアに登場。

画像: ティモシーと監督を務めた俳優のジョエル・エガートン

ティモシーと監督を務めた俳優のジョエル・エガートン

 この日のティモシーは、ファッションブランドのオフホワイト(Off-White)を手掛けるデザイナーのヴァージル・アブローによる、ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)のフーディを着用。

画像1: ティモシーの「手」に熱狂するファン

 映画のプレミアイベントといえば、キャスト陣がドレスアップすることがほとんどだが、ティモシーはフーディを着用してカジュアルダウン。とはいえ、このフーディには3,000個以上のスワロフスキーのクリスタルと1万5,000個のスパンコールが施されており、さすがハイブランドのフーディといえる、かなりゴージャスなアイテムになっている。

画像2: ティモシーの「手」に熱狂するファン

 そんなフーディを着てファッションの話題をかっさらったティモシーは、インスタグラムにある写真を投稿して、ティモシーのファンだけでなく、なんとワン・ダイレクションのハリー・スタイルズのファンも大興奮させている。

 ファンを熱狂させている写真は、ティモシーがインスタグラムのストーリーにあげたこの写真。

画像: Instagram/Timothee Chalamet

Instagram/Timothee Chalamet

 写っているのはティモシーの手のひらだけ。

 この写真、SNSを頻繁に更新しないティモシーが間違えて投稿してしまったようにも見えるが、よく見ると、ティモシーが手首に「Treat People With Kindness(※人にやさしく)」という文字が描かれたブレスレットをつけているのがわかる。

 じつはこれ、プレミアイベントにいたファンからもらったプレゼント。ルイ・ヴィトンのフーディとマッチする黒のブレスレットをもらったティモシーは、わざわざその着用画像をSNSに投稿してファンを喜ばせた。

 さらに注目は、このブレスレットに書かれた文字。ティモシーの投稿に1Dのハリーのファンも熱狂したと述べたように、「Treat People With Kindness」はハリーの公式グッズのスローガンとして使われたフレーズで、ファンが贈呈したブレスレットは、じつはハリーのツアーグッズだった。

ハリーのファンからも好かれるティモシー

 シンガーの傍ら2017年の映画『ダンケルク』で俳優デビューを果たしたハリーと、2017年の映画『君の名前で僕を呼んで』で大ブレイクしたティモシーには、共演作もなく、プライベートで仲良くする姿もほとんど見られたことがない。

画像: ハリーのファンからも好かれるティモシー

 しかし、2018年11月に英i-Dでハリーとティモシーの対談が行なわれたことをきっかけに、そこでの絶妙な掛け合いが大絶賛され、お互いのファンが双方を応援するように。

 そんなわけで、ファンから頻繁にハリーについて質問されるティモシーは、今回のプレミアイベントでも、ファンからハリーの曲で一番好きな曲は?と聞かれ、「『サイン・オブ・ザ・タイムズ』って言ったら普通すぎる?」と答えていた。

 ちなみに、このブレスレットをあげたファンはティモシーとハリーのファンだったようで、ブレスレットをあげた時にその旨をティモシーに説明すると、ティモシーは「彼(ハリー)に連絡しないと」と、ファンにとっては嬉しすぎる発言をしていた。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.