人気DJのゼッドが、永久に中国に入国できないことを告白。その原因は?(フロントロウ編集部)

ゼッドが中国に入国できなくなる

 ヒット曲を連発する人気DJとして世界各国を周るゼッドは、これまで日本をはじめ、各国でパフォーマンスしてきて、2019年の最も稼ぐDJランキングで9位にランクイン。しかし今後、中国に生涯入国できないようになることを明かした。

 その原因となったのは、アニメ『サウスパーク』のツイートにいいねを押したから。じつは、10月2日に配信されたアニメ『サウスパーク』のエピソードに、まるで中国のコピー商法を揶揄するような表現などが登場し、それが中国当局を激怒させ『サウスパーク』は中国で全面的に禁止に。その後『サウスパーク』の公式ツイッターで謝罪するも、皮肉たっぷりの謝り方が謝罪になっていないと話題になり、世間をざわつかせた。

 ゼッドはそんな『サウスパーク』のエピソードのツイートにいいねを押したことから、中国政府から目をつけられ、自身のツイッターで「『サウスパーク』のツイートにいいねを押したら永久に中国に行けなくなった」と中国を訪れることが出来なくなったと明かした。

 しかしゼッドが中国に入国できなくなったのは、理由が理由なだけにジョークだと思われていたよう。そのため、「誤解のないように言うと、これはジョークではない。政府は僕たちのプロモーターにもし中国でのショーのスケジュールをキャンセルしないと、許可を取り下げると知らせてきた」と自身のインスタグラムでも中国を訪れることが出来なくなったと語った。

 中国に入国できなくなったセレブはゼッドだけではなく、ジャスティン・ビーバーやケイティ・ペリーなど、ほかの人気セレブたちも訪れることが出来ないと言われている。ゼッドは今後中国で活動できなくなってしまうが、この状況が今後ゼッドにどんな影響を与えることになるのか。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.