ハロウィン本番が5日後に迫るなか、ハロウィンを意識したスターバックスの期間限定フラペチーノがグロテスクすぎると話題に…。(フロントロウ編集部)

見た目の「破壊力」に飲む前から脱落者続出

 ハロウィンシーズン真っ只中の10月26日から31日までの期間限定で、ヨーロッパのスターバックスで販売予定の「ファントムフラペチーノ(Phantom Frappuccino)」の見た目が、気持ち悪いを通り越してグロテスクすぎると大きな話題になっている。

 お世辞にも「美味しそう」とは言い難い代物だが、この不気味な見た目に反してお味は“フルーティ”で、メインのフラペチーノ部分はまさかのマンゴー&パイナップル味なのだとか。また、緑の“スライム”はスピルリナのエキスにライムとレモンジュースを合わせて作られたもので、ココナッツミルクでできたホイップクリームが真っ黒なのは、チャコールパウダーで色付けしたからだそう。

 ちなみに、このファントムフラペチーノは、「ハロウィン限定」「6日間限定」「ヨーロッパ限定」という、“限定”が三拍子そろった超絶レアな1杯となっている。

 2017年に「ゾンビフラペチーノ」、2018年に「魔女のフラペチーノ」をハロウィンシーズン限定で発売して大成功を収めた実績を持つスターバックス(※)。果たして、「ファントムフラペチーノ」も同じようにお客さんの心をつかむことができるのだろうか。
※ゾンビフラペチーノと魔女のフラペチーノはアメリカのスターバックスでのみ販売されていた。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.