11月8日公開の映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』に出演する俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーが、娘から人気俳優のクリス・プラットと交際していることを聞かされた時の爆笑エピソードを語った。(フロントロウ編集部)

シュワちゃんの頭をよぎったこととは?

 いよいよ11月8日(金)からシリーズ最新作『ターミネーター:ニュー・フェイト』の公開がスタートする俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーが、娘のキャサリン・シュワルツェネッガーからクリス・プラットと付き合っている」と初めて聞かされた際、真っ先に頭の中をよぎったことを米人気トーク番組『Jimmy Kimmel Live(ジミー・キンメル・ライブ)』で明かした。

 ご存じの通り、映画『ジュラシック・ワールド』や『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズの主演俳優として知られるクリスは、今年6月にアーノルドの愛娘キャサリンと結婚し、アーノルドとは義理の父子という間柄にある。

画像: キャサリンとクリス。

キャサリンとクリス。

 よりにもよって自分と同じ俳優で、しかもガタイのいい肉体派俳優のクリスと交際してることを、ある日突然娘から聞かされたアーノルドは、当初びっくりしすぎて、「わざわざ父親と張り合える相手を選んだのか?父である私よりも背が高くて、体格が良くて、より多くの大作映画に出演していて、おまけに私よりも多くの稼ぎがある相手でなければいけないのか??一体何が起きてるんだ!?」と軽いパニック状態になったことを告白。

 ただし、実際にクリスと会って、彼の男気があって優しい人柄をひと目で気に入ったアーノルドは、クリスの人懐こい性格も助けて2人きりで出かけるほど親しい関係に。クリスからの「一緒にワークアウトをしたい」というリクエストにも快く応じ、ジムで一緒に汗を流して一気に距離を縮めたそう。

 その時のことを振り返ってアーノルドは、「ジムでの彼の動き、とくに傾斜したベンチの上でベンチプレスを行なう姿を見て、彼を義理の息子にしたいと思った。決め手はベンチプレスだ(笑)」とコメント。このジムでのワークアウトセッションが、クリスのことを娘の婚約者として認めるかどうかの判断材料になったとジョークを飛ばした。

画像: シュワちゃんの頭をよぎったこととは?

 ちなみに、ともに人気俳優であるアーノルドとクリスが将来的に共演する可能性について、アーノルドは別のインタビューで「あるかもね!(クリスと)そういう話をしたことはないけど、彼のことは俳優としてとても尊敬してる」と、双方のファンの期待をあおる含みを持たせた回答をしている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.