映画『チャーリーズ・エンジェル』に出演するクリステン・スチュワートが、元恋人であるロバート・パティンソンとの交際が結婚を考えさせるほど真剣だったことを明かした。(フロントロウ編集部)

ロバートとの結婚考えたクリステン

 映画『トワイライト』シリーズで共演したことをきっかけに、2013年までの約3年間ロバート・パティンソンと交際していたクリステン・スチュワートが、ラジオ番組『The Howard Stern Show』で当時の気持ちを赤裸々に明かした。

画像1: ロバートとの結婚考えたクリステン

 クリステンとロバートが付き合うきっかけになった映画『トワイライト』は、ロバートが演じたヴァンパイアのエドワード派の「チーム・エドワード」と、テイラー・ロートナーが演じた狼男のジェイコブ派の「チーム・ジェイコブ」という2人のイケメンの派閥が世界中のファンの間で生まれたほど、熱狂的なファンが多かった作品。

画像2: ロバートとの結婚考えたクリステン

 そんな作品で恋仲を演じ、実際に交際していたクリステンとロバートには、当然ながら世間の関心も高かった。

 クリステンはそんなロバートとの交際について、「何年も付き合っていた彼は私の初恋だった」と振り返ると、ロバートを「最高の人」だと褒め称えた。

 さらにクリステンは、番組の司会者であるハワード・スターンから「ロバートと結婚していたか」というド直球な質問をされると、「そうしたかった…そうね」と回答。続けて、こう答えた。

「私は伝統や習慣に従うタイプじゃないけど、同時に、交際に発展した時はいつもその人が最後だと思っている。私ってそんなにカジュアルに交際できる人じゃないから」

 クリステンは、2016年にTMagazineにロバートとの交際について「私たちの関係は商品化してしまった」と、世間の期待が高まりすぎてロバートとの関係がいわゆる“ビジネス交際”になってしまったと語ったことがあるが、今回クリステンは自身の恋愛観を赤裸々に明かし、一度は愛したロバートへの思いを告白した。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.