Photo:ゲッティイメージズ,ニュースコム,Instagram
セレーナ・ゴメスがロサンゼルスの街中で「新たな趣味」に没頭する姿が目撃された。彼女が着用していたのは、謎の“日本語”が書かれたパーカーだった。(フロントロウ編集部)

新たな趣味のため街に繰り出す

 新曲のプロモーション活動でしばらく多忙な日々が続いているシンガーのセレーナ・ゴメスが仲の良い友人たちとロサンゼルスの街に姿を現した。

 鮮やかなイエローのスウェットパーカーに黄緑色のバイクショーツを合わせ、ポニーテールをシュシュでまとめたレトロスポーティーな私服姿だったセレーナの手には、何やら2台のカメラが。1台は望遠レンズ付きのレトロなカメラ、そしてもう1台は、日本でも昨今人気がリバイバルしている使い捨てカメラだった。

画像: twitter.com
twitter.com
画像: セレーナ・ゴメス、「日本語」が書かれた服を着て“新たな趣味”に没頭

 この日、セレーナに同行していたのは、以前から彼女と親しくしているモデルのコナー・フランクリンとその恋人でシンガーのアーロン・カーペンター、そして、ホラー映画『スケアリーストーリーズ怖い本』などへの出演で知られる女優のナタリー・ガンツホーン。

画像: 写真撮影中のセレーナを撮影するコナー、その隣がナタリー、アーロンは建物に寄りかかってクールにポーズ。 twitter.com

写真撮影中のセレーナを撮影するコナー、その隣がナタリー、アーロンは建物に寄りかかってクールにポーズ。

twitter.com

 セレーナは、友人たちをモデルに、新たな趣味である写真撮影に繰り出したようで、路上やコンビニ内などで真剣な表情で彼らにカメラを向け、パシャパシャと写真を撮りまくっていた。


「謎の日本語」が書かれたパーカー

 その後、コナー、アーロン、ナタリーはそれぞれセレーナが撮影したショットをインスタグラムで公開。

 その中には、撮影中のセレーナの姿を収めた写真も含まれていたのだが、この日、セレーナが着用していたイエローのパーカーには、カタカナで“謎の日本語”が書かれていたことがわかった。

画像1: © connarfranklin/ Instagram

© connarfranklin/ Instagram

画像2: © connarfranklin/ Instagram

© connarfranklin/ Instagram

 フロントロウがリサーチしたところ、 「ブレインデッド マグマ」と書かれたこちらのパーカーは、LAのアート・クリエイティブ集団「ブレインデッド(Brain-Dead)」が杉山純と宮澤謙一から成る日本発のアートユニット「マグマ(Magma)」とのコラボでリリースしたアイテム。ブレインデッドのオンラインストアで160ドル(約17,400円)で販売されている。

画像1: wearebraindead.com
wearebraindead.com
画像2: wearebraindead.com
wearebraindead.com

 「ブレインデッド」は、ポストパンクやスケートボード、アンダーグランドコミックといったサブカルチャーのエッセンスをデザインに落とし込み、カルチャー、ファッション、アートをクロスオーバーさせるストリート系ブランドとしてLAの若者にも人気となっている。

 写真撮影というアートな趣味を楽しむ日にアーティスとたちがコラボしたパーカーを選ぶとは、セレーナは、そうすることで気分を盛り上げようとしていた? 

 出来上がった写真を見てみると、なかなかの腕前と見受けられるセレーナ。自分自身でも、友人たちをモデルにした写真をいくつかインスタグラムストーリーで公開していたので、今後も彼女が撮影した作品が続々公開されるかも。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.