シンガーのショーン・メンデスが、恋人で同じくシンガーのカミラ・カベロの仕事場を見学した際に“ある場面”に遭遇し、嫉妬したことを明かした。(フロントロウ編集部)

ショーンが“嫉妬”した出来事とは?

 ショーン・メンデスが、先輩シンガーのジョン・メイヤーが以前からインスタグラムで定期的にライブ配信しているトーク番組『カレント・ムード(Current Mood)』にゲスト出演。途中から、サプライズゲストとしてショーンの恋人で同じくシンガーのカミラ・カベロがテレビ電話を使って登場すると、話はショーンがカミラの仕事場を見学した時のことに。

画像: ショーン・メンデス(左)とジョン・メイヤー(右)。

ショーン・メンデス(左)とジョン・メイヤー(右)。

 その日、ミュージックビデオか何かの撮影を行なう予定だったカミラに付き添ってスタジオにやって来たショーンは、そこでカミラと男性キャストがダンスをするシーンの撮影を見学したそうなのだが、この男性キャストが撮影のためにシャツを脱いだ際、「ものすごく筋肉がムキムキだった」ことにがく然。

 同じショービズ界で生きる者として、そこは仕事と割り切って大人なコメントをするのかと思いきや、自分よりマッチョでイケてる男性とカミラが一緒にいるところを目にして、気が気ではなかったことを明かした。

 明らかに男性キャストへの嫉妬心をむき出しにするショーンに、カミラが「ベイビー、あなたほどマッチョじゃないわ」となだめると、ショーンの隣にいたジョンがすかさず「あなたほどマッチョじゃないって!」とイジる場面も。

 ご存じの方も多いと思うが、ショーンとカミラは、10代の頃から友人として親しい関係にあり、4年ぶり2度目となるコラボ曲「セニョリータ(Señorita)」で久々に一緒に仕事をしたことがきっかけで、今年の夏頃に交際に発展した。

 付き合いはじめの頃は、公の場でお互いの話をするどころか、交際していることさえもはっきり認めようとしなかった2人だが、時間が経つにつれて心変わりしたのか、今ではすっかりオープンな関係に。今回も配信中にカミラがコメント欄に「私のボーイフレンドよ!彼(ショーン)のことを愛してる」とラブラブなメッセージを残すなど、ファン公認の仲良しカップルとして交際を応援されている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.