英国王室のロイヤルキッズたちの21年後の顔を予想した画像が公開された。(フロントロウ編集部)

ロイヤルキッズたちはどんな大人になる?

 英国王室のウィリアム王子キャサリン妃の第1子で現在6歳のジョージ王子、第2子で現在4歳のシャーロット王女、第3子で現在1歳のルイ王子や、ヘンリー王子とキャサリン妃の息子で現在約6ヵ月のアーチーは、その可愛らしさで世界中のファンをメロメロにしているロイヤルキッズ。

画像: ロイヤルキッズたちはどんな大人になる?

 そんな子供たちが、大人になったらどんな風になるのかと想像してしまう大人も多いはず。そんなファンの想像を、イギリスの美容サイトCosmetifyのクリエイティブチームが画像にした。

 Cosmetifyが公開した写真では、21歳のアーチー、25歳のシャーロット王女、22歳のルイ王子、そして27歳のジョージ王子の顔が予想されている。

 Cosmetifyによると、ジョージ王子の目と輪郭はそのままに、ウィリアム王子の髪にキャサリン妃の鼻の形が受け継がれていると分析。その要素を用いて、21年後の顔が予想された。

 また、シャーロット王女は鼻と目は今のまま、髪の色はキャサリン妃に似てくると予想。

 ルイ王子は、ほっぺと鼻、そして髪はウィリアム王子、目はキャサリン妃、そして輪郭は大叔父のアンドリュー王子に似ていると分析。

 アーチーは、もちろん髪の毛はヘンリー王子似の髪色とくせっ毛、しかし目はメーガン妃似。さらに大人になった時には、そばかすがあるだろうと予想された。

 ロイヤルキッズたちがどのような成長を見せるのか、この予想が当たっているかどうかが分かるまでは、あと20年。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.