シンガーのビリー・アイリッシュが、アリシア・キーズと自身のデビュー曲「Ocean Eyes」をデュエットした。(フロントロウ編集部)

ビリーとアリシアの見事なハーモニーにとろける

 2020年1月に授賞式が行われるグラミー賞で、主要部門を含む計6部門にノミネートされたシンガーのビリー・アイリッシュが、人気トーク番組『The Late Late Show with James Corden』に出演。この日は番組司会のジェームズ・コーデンの代わりに、シンガーのアリシア・キーズが番組ホストを務めた。

画像: ビリーとアリシアの見事なハーモニーにとろける

 今回共演したビリーとアリシアは、じつはお互いにファンであることを公言しており、以前にはアリシアが、ビリーが2016年にリリースしたデビュー曲「Ocean Eyes」をカバーしてインスタグラムに投稿。

 一方番組では、デビュー前の当時12歳のビリーがアリシアの楽曲「Fallin’」をカバーしたときに撮影したホームビデオを公開。地毛であるブロンドヘアのビリーが、ピアノを弾きながら歌う姿が映っている。

 そんなレアなビデオが公開された番組で、ビリーとアリシアは楽曲「Ocean Eyes」のデュエットを披露。アリシアがピアノを弾きながら最初のパートを披露すると、続いてビリーが次のパートを担当。最後は、2人揃って繊細で美しいハーモニーを披露した。

 今回豪華なパフォーマンスで、観客を魅了した2人。番組放送後、ビリーはそのビデオをインスタグラムに公開し、「こんなことが起きたなんて信じられない。あなたはいつも私の心の中にいるよ」と、アリシアに対して感激のメッセージを残している。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.