Photo:ゲッティーイメージズ,ニュースコム,Instagram
キャメロン・ディアスが夫のベンジー・マッデンとの第1子となる女児が誕生したことを発表! すでに「カッコいいあだ名」で呼ばれている長女の名前も発表。(フロントロウ編集部)

キャメロンがママに!

 映画『メリーに首ったけ』や『チャーリーズ・エンジェル』などで知られる俳優のキャメロン・ディアス(47)が、夫でロックバンド、グッド・シャーロットのメンバーのベンジー・マッデンとの第1子となる長女が誕生したことをインスタグラムで発表した。

 キャメロンとベンジーと連名でそれぞれのインスタグラムで公開された新年の挨拶を兼ねたメッセージには、こんな風に綴られており、長女を「ラディックス・マッデン(Raddix Madden)」と命名したことや、すでに「ラッド(Rad)」ちゃんという、英語のスラングで「最高」、「ヤバい」、「カッコいい」といった意味になるクールなあだ名で家族や友人に親しまれていることも明かした。

マッデン家よりハッピー・ニュー・イヤー!

新たな年代を私たちの娘、ラディックス・マッデンの誕生報告とともに迎えられることは最高に幸せで、恵まれていると感じます。感謝の気持ちでいっぱいです。
娘は一瞬にして私たちの心を掴み、私たち家族を完全なものにしてくれました。みなさんにこの報告ができて幸せいっぱいですが、同時に、この子のプライバシーをしっかりと守らなくてはという本能を強く実感しています。そのため、私たちは、この子が本当に本当にカワイイという事実以外には(笑)、今後、子供の写真をSNSに投稿したり、これ以上の情報についてお知らせすることはありません! 幾人かの人々は彼女を「ラッド」と呼んでいます! 
私たちの家族からあなたの家族へ、新年、そして新たな年代へが素晴らしいものとなるよう、愛と祈りを送ります。
心を込めて、キャメロン&ベンジー

 2014年に公開された映画『ANNIE/アニー』への出演を最後に、俳優業を引退したキャメロンは、2015年にベンジーと結婚。

 以来、ごくたまにインスタグラムを更新したり、ベンジーのインスタグラムに登場したり、スーパーに出かける主婦同然の姿などがパパラッチのカメラに収められることはあるものの、プライベートに関しては秘密主義を貫き、ハリウッドの喧騒からは距離を置いて穏やかな生活を送っている。

画像: 最も最近公の場に姿を現したのは、2019年5月、映画『チャーリーズ・エンジェル』の共演者で中国系アメリカ人俳優のルーシー・リューが“ハリウッドの殿堂入り”を果たした際の星形プレート授与式に同じく共演者のドリュー・バリモアと一緒に参加したときだった。

最も最近公の場に姿を現したのは、2019年5月、映画『チャーリーズ・エンジェル』の共演者で中国系アメリカ人俳優のルーシー・リューが“ハリウッドの殿堂入り”を果たした際の星形プレート授与式に同じく共演者のドリュー・バリモアと一緒に参加したときだった。

 以前はあまり子育てには興味が無いと公言していたものの、ベンジーとの結婚を機に子供が欲しいと考え始めたと言われるキャメロンは、2018年の年始には、体外受精といった不妊治療や鍼術(はり)、サプリメントなど、子供を授かるためにありとあらゆる方法を試していると報じられた。

 声明の中で「これ以上の情報についてはお知らせしない」と断言しているので、今後、キャメロンやベンジーの口からラディソンちゃんの誕生の経緯が語られることはないかもしれないが、とにかく、2人が待望の我が子を家族に迎えられたことに感慨もひとしおの様子なことは確か。

画像: キャメロンがママに!

 キャメロンの夫ベンジーの双子の兄弟で同じくグッド・シャーロットのメンバーであるジョエル・マッデンは、リアリティスター兼ファッションデザイナーのニコール・リッチーと結婚しており、2人の間には長女ハーロウちゃん(11)とスパロウ君(10)がいる。ラディックスちゃんにとっては、彼らは従姉妹にあたる。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.