まだまだ寒い日が続くけれど、そろそろ春のトレンドヘアも気になるところ。そこで、セレブも取り入れる注目の新トレンド、「隠れレイヤー」カットをご紹介。(フロントロウ編集部)

顔周りのレイヤーで垢抜け&小顔見せ

 「シャギーヘア」「マレットヘア」など、動きがあって立体感もあるヘアスタイルが旬だけれど、オシャレに敏感なセレブたちが新たに取り入れているのが、レイヤーカットを顔周りに目立たないように仕込んだ「隠れレイヤー」カット。

画像: 顔周りのレイヤーで垢抜け&小顔見せ

 レイヤーカットは、髪全体に段差をつけたようにカットして作るヘアとして知られるけれど、「隠れレイヤー」はフェイスラインのみにレイヤーを入れるカット方法。そうすることで、長さを大きく変えずに今っぽいエアリー感が出てぐっと垢抜けた印象に。

 さらに顔周りのレイヤーが輪郭を包んでカバーするので、小顔効果も抜群! セレブにも人気の隠れレイヤーカットをチェックしてみて。

作りこみすぎないラフさがかわいい

 モデル兼女優のスキ・ウォーターハウスは、レイヤーを頬骨の少し下あたりから入れてラフに。しっかりセットしなくても自然に動きのあるスタイルが実現。ハイライトでさらに立体感を足しても◎。

ヘルシーな無造作ウェーブ

 モデルのジジ・ハディッドは、頬骨あたりから胸元にかけてレイヤーを入れて。ペタッとなりやすいロングヘアも、顔回りの隠れレイヤーを入れることで、シンプルなセットでも軽やかに。

画像: ヘルシーな無造作ウェーブ

重めロングにくびれをプラス

 シンガーのセレーナ・ゴメスは、アゴ下ラインのレイヤーを強調したメリハリをつけたロングヘア。短めのレイヤーで顔を囲むことで、重ためのヘアにも動きが出て小顔効果もアップ。

力を抜いたリラックスヘア

 幼く見えがちな前髪ありのヘアでも、隠れレイヤーを入れてルーズに見せることでこなれた印象に。毛先は重めの切りっぱなし感を残しつつ、顔周りのレイヤーで動きを出したのが新鮮。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.