楽曲「バッド・ガイ」が大ヒットしたビリー・アイリッシュが、2020年のグラミー賞授賞式にグッチまみれのスタイルで登場した。(フロントロウ編集部)

ビリーがグッチまみれ

 第62回グラミー賞で主要4部門を含む計6部門でノミネートされているビリー・アイリッシュ。ビリーは歌だけではなく、個性的なファッションでも注目されており、これまで幾度となくアワードではビリーのレッドカーペットスタイルが話題になった。

 それは第62回グラミー賞授賞式でも同じ。ビリーはずっと二人三脚で活動している、プロデューサーである兄のフィネアス・オコネルと一緒にグラミー賞授賞式のレッドカーペットに登場した。

画像1: ビリーがグッチまみれ

 フィネアスも遊び心たっぷりな刺しゅうが入ったジャケットで登場するも、やはりひと際目を引いたのはビリーのスタイル。ビリーは、ネオングリーンのヘアカラーに合わせるように、グッチ(Gucci)のセットアップの中にラインストーンがこれでもかというほど配されたグリーンのトップスをセット。

画像2: ビリーがグッチまみれ

 さらにセットアップだけでなく、口元を覆っていたマスクもグッチのロゴが。ネイルもグッチのマークがデザインされており、爪の先から足の先まで、まさにグッチまみれのスタイル。

画像3: ビリーがグッチまみれ

 日頃からブランドのロゴがデザインされたアイテムを好むビリー。第62回グラミー賞授賞式のレッドカーペットでもいつも通りロゴファッションを楽しんだ。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.