キアヌ・リーブスが、歴史の教科書に合成されていることを1人のファンが見つけて話題となっている。(フロントロウ編集部)

“ぼっち飯”姿で有名なキアヌ・リーブス

 俳優のキアヌ・リーブスといえば、数十年にわたりハリウッドの最前線で活躍しているにもかかわらず、その気取らない態度で人気を博している。

 最近でも、街で1人花壇の端に座りサーティワンアイスクリームを頬張っているところが目撃されるなどしているけれど、キアヌの素朴さを写して大バズりした写真といえば、「サッド・キアヌ」と名づけられたこの1枚。

画像: “ぼっち飯”姿で有名なキアヌ・リーブス

 公園の椅子に腰掛け、うつむきがちにパンを食べるキアヌの“ぼっち飯”写真は、ファンの間で大流行し、さらに別の画像をコラージュして面白い画像を作るファンも多かった。

 そんなキアヌが、なんとウクライナが推奨する教科書に合成されていることが発覚した。

真面目な歴史の教科書にキアヌがいる

 歴史学の博士候補Ihor Shchupak氏による高校1年生の世界史の教科書2018年版は、文部科学大臣に推奨されるほど。

 その中には、1932年にニューヨークのマンハッタン上空で、建設中の高層ビルに命綱なしで座りランチを食べる大工たちを撮影し、大恐慌時代の工業化や未来への希望を切り取ったと評価される名作『摩天楼の頂上でランチ』も掲載されている。

 しかし、右端をよく見てみると…?

 なんと、そこには「サッド・キアヌ」が!!

 1932年に撮影された歴史的1枚にキアヌが写っているのは、もちろんあり得ないこと。歴史の教科書という真面目な書物で、このようなコラージュが見つかったことでネット上は大騒ぎとなった。

 当初、出版社側はフォトショップされた写真はミスだったとしたけれど、作者のShchupak氏はFacebookで意図的だったと主張している。

「本のイラストレーションのために一緒に働いたデザイナーが、キアヌ・リーブスが写るあの写真を見せてきた時、その詳細には気がつかなったんです。しかしその後、あの(キアヌの)写真の流行を知り、あのままにすることにしました」

 彼は、「文字を読まず、図のほうを好む」現代の子供たちが、どれだけ教科書の写真をキチンと見ているかをチェックしたかったという。

 教科書が出版され、今年2020年にキアヌの画像が気がつかれるまで、約2年の歳月が経っている。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.