人気シンガーのホールジーが、今回のツアーが終わるとしばらくツアーを行なわない計画があることを明かした。(フロントロウ編集部)

ホールジーが休養期間に突入か?

 2020年1月に自身3枚目のアルバム『マニック』をリリースしたホールジー。Billboard HOT100で1位に輝き、同ランキングに45週間もランクインし続けた楽曲「ウィズアウト・ミー」や、自身の本名を楽曲にした「アシュリー」、そして韓国の人気グループであるBTSのシュガを客演に招いた「SUGA’s Interlude」が収録されている『マニック』はBillboard200で最高ランク2位をマークし、6週経った今もランクインし続けており、ファンから愛される名盤となっている。

 これまで頻繁にツアーを行い、2020年もアメリカ、ヨーロッパ、アジアを周る『マニック』をひっさげたツアーを8月まで予定しているホールジーだけれど、突然しばらくの間ツアーを行なわないことを宣言。ホールジーはツアー中の写真とともに「2020年でしばらくツアーを休もうと思う。特別な思い出を作ってくれてありがとう。一晩一晩大切にします」とコメントし、ファンにこれが休養前の最後のツアーということを明かした。

 これにはファンから悲しみの声が上がると同時に、寂しいけれどホールジーの意見を尊重するというファンの温かい声援が届き、ホールジーのファンの温かさを世界中に知らしめた。

インタビューももうしない?

 そしてツアーの休止宣言の前にも気になる投稿が。ホールジーはベルリン公演の前にアップした投稿で、「誰もジョークに対応できないから、今後一切インタビューを受けないと公言する」とインタビューも行なわないということを明かした。

 ホールジーがなぜインタビューを受けないと宣言したのかは不明だけれど、冗談で言ったことを誤解されて報じられてしまったためだと思われる。

 ツアーやインタビューを行なわないと宣言し、まさに活動休止状態になってしまいそうなホールジーは、アルバム『マニック』をひっさげ長い休みに入る前の最後の来日公演を5月に東京で開催する予定となっている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.