ファッション界最大の祭典として毎年5月に行なわれている「メットガラ(METガラ)」が2020年のガラの開催を無期限で延期すると米Vogueが報じた。(フロントロウ編集部)

やはり予定通りの開催は不可

 毎年5月の第1月曜日に開催されるファッションの祭典メットガラは、人気セレブたちがテーマに合わせたド派手な衣装を着て集結するチャリティ・イベント。

画像: 2019年のメットガラより。ホストの1人を務めたシンガーのレディー・ガガ。

2019年のメットガラより。ホストの1人を務めたシンガーのレディー・ガガ。

 例年どおり、米ニューヨークにあるメトロポリタン美術館を会場とし、5月4日(月)に開催予定だった同イベントが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で延期、もしくは中止されるのではないかというウワサが浮上しているという情報をフロントロウでもお伝えしたが、そんなウワサが現実となってしまったことが、同イベントの主催者であるアナ・ウィンター編集長率いる米VOGUEの告知により明らかになった。

 VOGUEの報道によると、この決断はニューヨーク市のアンドリュー・クオモ市長の「50人以上が集まるイベントを禁じる」という現地時間3月16日朝のアナウンスを受けて下されたもの。

 今年のメットガラが中止に追い込まれてしまうのか、期日を改めて行なわれるのかは、現時点では決定していない。

 2020年のテーマには「About Time: Fashion andDuration(アバウト・タイム:ファッション・アンド・デュレ―ション)」が選ばれており、ゲストたちは、「時間」「時計」「タイムレス」といった言葉を連想させる衣装を身に着けてレッドカーペットに登場することが予想されていた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.