大人気ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』でトアマンドを演じたクリストファー・ヒヴュが、新型コロナウイルスに感染したことを公表した。(フロントロウ編集部)

ワイルド系俳優が新型コロナに感染

 大人気ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』や大ヒットシリーズ映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』に出演したほか、話題のドラマ『ウィッチャー』のシーズン2への出演が決まっている、ノルウェイ出身のワイルド系俳優クリストファー・ヒヴュ(41)が、新型コロナウイルスに感染したことを自身のインスタグラムを通して公表した。

 現在ノルウェイの自宅で家族と一緒に自主隔離しているクリストファーは、自身の病状も告白。新型コロナウイルスに感染しているものの、幸いにも症状は「軽い風邪」程度で、大事には至っていないよう。

 しかしクリストファーは、「重症化している人もいるので、皆さんはくれぐれも気をつけてください」と警告。「手洗いをし、人とは1.5m離れ、外出を控えてください。感染拡大を止めるためにできることはすべてしましょう」と綴り、フォロワーたちに感染対策をするよう呼びかけた。

 新型コロナウイルス感染を明かしたハリウッド俳優は、クリストファーのほかにオスカー俳優のトム・ハンクスと妻で俳優のリタ・ウィルソン、『007』の元ボンドガールのオルガ・キュリレンコ、『アベンジャーズ』シリーズのイドリス・エルヴァがいる。そのほか、カナダのジャスティン・トルドー首相の妻ソフィー・グレゴーワール・トルドー夫人や、NBA選手らスポーツ選手の感染も確認されている。

 なお、オーストラリアの病院で隔離されていたハンクス夫妻は、入院期間約5日で退院。現在は、同国にある自宅で自主隔離しているという。(フロントロウ編集部)

 

 

 

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.