セレーナ・ゴメスのアルバム『レア』のピールオフ広告が渋谷駅に登場。広告には、はがして持ち帰れる日本限定のポラロイドがつけられていた。(フロントロウ編集部)

セレーナの特大広告が渋谷駅に出現

 2020年1月に約4年ぶりとなるアルバム『レア』をリリースしたセレーナ・ゴメス。ニューアルバム『レア』には、みんな個性的でそれぞれがレア(貴重)な存在であるというメッセージを込めた楽曲「レア」や、新たな恋に前向きな姿勢が感じられる「ルック・アット・ハー・ナウ」など、すべての女性を勇気づけるエンパワメントソング全13曲が収録されている。なかでも元恋人のジャスティン・ビーバーとの決別を誓った曲と言われる「ルーズ・ユー・トゥ・ラブ・ミー」は、自身初となる米ビルボードチャート1位を獲得した。

 そんなセレーナのアルバム『レア』のピールオフ型広告が、3月16日~22日渋谷駅地下のコンコースに登場。ピールオフ型広告というのは、広告に貼ってある商品サンプルを自由に持ち帰れるというのが特徴的で、セレーナの広告には、日本限定のポラロイドが880枚用意された。

画像1: セレーナの特大広告が渋谷駅に出現

 しかもこの広告に貼られたセレーナの日本限定のポラロイドは、約4時間ですべてなくなったという。ポラロイドの下には、セレーナが全13曲に込めたファンへのメッセージ(歌詞)が掲示されているため、現在はそのメッセージがセレーナの広告の一部となり渋谷駅に存在感を放っている。

画像2: セレーナの特大広告が渋谷駅に出現

 このセレーナの広告は、3月16日から22日まで渋谷駅地下コンコース(田園都市線渋谷駅B1階道玄坂方面A1、A2番出口付近)に掲載。広告に記載されている歌詞の中からお好きな歌詞の部分を撮影し、SNSにアップするとオリジナルTシャツや特大ポスターが当たるというキャンペーンが実施されているので、気になる人はセレーナの日本公式サイトやツイッターをチェック。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.