俳優時代のメーガン妃と共演経験があるアメリカ人俳優が、イギリスのタブロイド紙記者から、もしもメーガン妃と「寝た」と証言したら高額報酬を与えるともちかけられたことがあると告白した。(フロントロウ編集部)

共演者が英タブロイドのやり口を暴露

 映画『最'狂'絶叫計画』やドラマ『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』、シンガーのケシャやエレクトロホップデュオLMFAO(エルエムエフエーオー)のミュージックビデオなどに出演した俳優のサイモン・レックスが、イギリス国内で発行されているあるタブロイド紙の記者からもちかけられた、悪質な依頼について、最近出演した米ポッドキャスト『Hollywood Raw(ハリウッド・ロウ)』で驚きの暴露をした。

 その内容とは、メーガン妃がまだ俳優メーガン・マークルとして活動していた頃に彼女と共演し、友人としてランチに出かけたことがあるというサイモンに対して、もしも、メーガン妃と体の関係を持ったと証言したら、多額の報酬を支払うというもの。

画像: 俳優のサイモン・レックス

俳優のサイモン・レックス

 相手が大金をチラつかせても、断じてオファーに応じなかったというサイモンは、この時のことについて、あきれた様子で振り返った。

「(メーガン妃と自分の間には)何も起きなかったからね。キスだってしていない。彼女とは、ぜんぜんデートなんていう雰囲気ではなく、たった1度、一緒に出かけただけ。彼女は、僕がテレビ番組の撮影で知り合って、ただランチをしただけの人だよ。それ以上は何もない」と、メーガン妃と自身の関係性について説明したサイモンは、この情報を知ったイギリスの複数のメディアから、取材依頼を受けたことを告白。

 「彼女と寝たとウソをついてくれたら大金を支払ってもいいと、イギリスのいくつかのメディアからオファーがあったよ。すごい金額だったけど、僕はノーと言った。だって、ウソをつくなんて嫌だし、ロイヤルファミリーをめちゃくちゃになんてしたくなかったしね」そう、語ったサイモンは、オファーされた金額が7万ドル(約779万円)だったことも明かした。

画像: 共演者が英タブロイドのやり口を暴露

 夫のヘンリー王子とともに、3月いっぱいでイギリス王室の高位王族の座を退くメーガン妃。2019年10月には、ヘンリー王子が、メーガン妃に対して行き過ぎた報道を行ない、誹謗中傷したタブロイド紙に対して法的措置を決行した。

 こうしたメディアの偏向・過熱報道は、ヘンリー王子とメーガン妃が王室離脱を決意する大きな要因の1つともなったと伝えられている。サイモンの証言が事実であり、以前からこのような取材方法が横行していたとしたら、夫妻がまだ幼い長男アーチーの精神衛生や身の安全を考えてイギリスを離れるべきだと判断したのにも無理はない。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.