多くのセレブたちが、美しいフェイスラインをつくるため取り入れている純金を使った美顔器の「ビューティーバー」というツール。海外で注目されているこの美顔器のルーツとなったのは日本の技術だという。セレブが夢中になる、日本発祥の小顔ツールとは?(フロントロウ編集部)

セレブがこぞって愛用する「ビューティーバー」とは?

 美容オタクで知られる俳優のグウィネス・パルトロウをはじめ、ジュリア・ロバーツやジェニファー・アニストン、モデルのカーラ・デルヴィーニュ、シンガーのアリシア・キーズなどなど、数々のセレブが愛用している最新美容ツールがある。

画像: 左:ジュリア・ロバーツ 右:グウィネス・パルトロウ

左:ジュリア・ロバーツ 右:グウィネス・パルトロウ

 そのツールとは、24金でつくられたT字型の美顔器で、顔にあてると振動する「ビューティーバー」というもの。純金を使ったスキンケアは、トップモデルたちが駆け込みケアとして「24Kゴールドフェイシャル」を行なったり、自宅でも取り入れられる「24Kコスメ」が続々と登場したりと、以前から注目が集まっていた。

日本の技術がきっかけで海外で人気に

 24Kのビューティーバーのなかでも、いま多くのセレブが愛用しているのが、有名メイクアップアーティストのジリアン・デンプシーがプロデュースする「ゴールド・スカルプティングバー」という商品。じつはこの商品が企画された背景には、日本の技術があったという。

画像: 左:メイクアップアーティストのジリアン・デンプシー 右:俳優のクリステン・スチュワート

左:メイクアップアーティストのジリアン・デンプシー 右:俳優のクリステン・スチュワート

 ジリアンは、「日本へ旅行に来たときに、純金のビューティーバーに出会ってその効果に驚いた」と、米メディアWWDのインタビューでコメント。その後、真っ先に米国での販売権を取得する独占契約を締結したという。これについてジリアンは、「日本が大好きで、日本の美の大ファンなので、日本のツールであるゴールドバーを広められて光栄に思っている」と話した。日本の技術から着想を受けてつくられ、セレブたちに人気となったビューティーバーだけれど、気になるのがその効果。

小顔だけでなく、純金の働きで美肌に近づく

 気になるビューティーバーの効果についてジリアンは、「ビューティーバーを顔にあてて振動させることで、顔の緊張を和らげ、リンパの流れを助けてくれる」と米メディアGlamourで話し、フェイスラインをリフトアップして引き締める効果があると説明。顔のむくみやたるみを改善してくれるので、メイク前に使うのも良いそう。

 さらに嬉しいのが、美容成分の浸透力が上がること。ジリアンによると、肌は金に触れると体に流れている微弱電流の流れが良くなるため、新陳代謝が活発になり、血流が増加するという。ジリアンは、「血流が増加することで、より多くの成分が皮膚に到達できるようになり、美肌効果が期待できる」と米メディアThe zoe reportでコメントし、フェイシャルオイルを塗ったあとにビューティーバーを取り入れるようオススメ。

 セレブたちが愛用する「ゴールド スカルプティングバー」は、日本ではファッション通販サイトのRevolveなどで20,000円前後の価格で購入が可能。そのほか国内メーカーが製造するものなど10,000円前後で販売されているものもあるので、気になる人はぜひチェックしてみて。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.