シンガーのビリー・アイリッシュが、YouTubeで人気のコンテンツのひとつであるメイクのチュートリアル動画を見ていると発言。ビリーがちょっと照れ臭そうに明らかにしたその目的とは?(フロントロウ編集部)

ビリーが明かしたメイク動画の“視聴目的”とは

 “ティーンのカリスマ”として知られ、弱冠18歳にして、今年のグラミー賞で女性アーティストとして史上初めて主要4部門を制覇したビリー・アイリッシュが、つい最近、Apple Music(アップルミュージック)でスタートしたばかりのラジオ番組『Me & Dad Radio(ミー・アンド・ダッド・ラジオ)』でYouTubeのメイク動画を見ていることを明かした。

 『Me & Dad Radio』は、ビリーと彼女の父パトリック・オコネルが音楽について語り合う番組で、最新エピソードではビリーがこれまでに影響を受けたアーティストについてのトークが繰り広げられた。

画像: ビリーが明かしたメイク動画の“視聴目的”とは

 そのなかで、ビリーが好きなアーティストの1人として名前を挙げたマリーナ・アンド・ザ ・ダイアモンズとの出会いについて語るくだりで、彼女がプライベートでYouTubeのメイク動画を見ていることが明らかに。

 ビリーは、「今から流すのは、マリーナ・アンド・ザ・ダイアモンズの『プリマドンナ(Primadonna)』。じつは、メイクのチュートリアル動画のおかげでこの曲と出会ったんだ」と言ったあと、すかさず「でも、(メイク動画を見ていたのは)メイクを学ぶためじゃない。ハロウィンの仮装をするために見ていただけだから」とフォローをいれた。

 メイクのチュートリアル動画というと、一般的にはメイクの基本や裏ワザ、上級テクを学ぶために見るものというイメージが強い。とくに10〜20代の若い世代に人気なので、ビリーがメイク動画を見ていたとしてもなんの違和感もないが、“チュートリアル動画でメイクのやり方を学んでる”と思われるのは心外だったのか、あれこれ言われる前に言い訳する様子がなんとも可愛らしかった。

画像: 左からビリー、ビリーの兄で音楽プロデューサーのフィニアス・オコネル、父のパトリック・オコネル、母のマギー・ベアード。

左からビリー、ビリーの兄で音楽プロデューサーのフィニアス・オコネル、父のパトリック・オコネル、母のマギー・ベアード。

 ちなみに、先ほどの話の続きだが、ハロウィンメイクを学ぶためにたまたま目にしたメイク動画で、マリーナ・アンド・ザ・ダイアモンズの「プリマドンナ」がBGMとして使用されていたことがきっかけでその存在を知ったというビリーは、「一風変わった曲に、とても興味深い声。彼女は、すぐに私の1番お気に入りのアーティストになった。それから何年ものあいだ、彼女は私の1番のお気に入りだった。彼女のアルバムに収録されている曲の歌詞は全部知ってる」というほど、マリーナ・アンド・ザ・ダイアモンズにどハマりしていたそう。

 今回、ビリーが番組内で大絶賛した、マリーナ・アンド・ザ・ダイアモンズの「プリマドンナ」が気になったという方はコチラから。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.