Photo:ニュースコム、©︎TACA FILMS/ONE RACE FILMS/ORIGINAL FILM
大人気カーアクション『ワイルド・スピード』シリーズの第3作目『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』にヴィン・ディーゼルがカメオ出演した理由が意外だった。(フロントロウ編集部)

ご長寿フランチャイズ『ワイルド・スピード』

 『ワイルド・スピード』は2001年から続く人気カーアクション映画。日本のファンからは『ワイスピ』という愛称で親しまれ、既に公開されている8作品の累計興行収入は、なんと5,400億円を突破している世界的人気作。

 最新作にしてシリーズ9作目の『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』は新型コロナウイルス流行の影響により、公開日は2020年5月から2021年に延期となっており、新しく設定された全米の公開日は、2021年4月2日。日本での公開日はまだ発表されていない。

画像: ご長寿フランチャイズ『ワイルド・スピード』

 本作の主人公はヴィン・ディーゼル演じるドミニク・トレット、通称ドムと、ポール・ウォーカー演じるブライアン・オコナー。ポールは2015年に公開されたシリーズ7作目の『ワイルド・スピード SKY MISSION』の撮影終了直前に、プライベートで起きた交通事故で、40歳という若さで急逝したが、2人はシリーズを通してほとんどの作品に出演している。

 ヴィンが唯一全く出演していない作品は、シリーズ2作目の『ワイルド・スピードX2』。その理由は、大好きな『ワイルド・スピード』をフランチャイズ化して、金儲けの道具にしたくないと思っていたから。ヴィンは当時まだ駆け出しの俳優だったにもかかわらず、約27億5千万円(2500万ドル)のギャラを蹴ってシリーズ2作目『ワイルド・スピードX2』の出演を辞退した。

画像1: ©️UNIVERSAL PICTURES

©️UNIVERSAL PICTURES

 ヴィンはもう『ワイスピ』には出演しないかと思われていたところ、なんとシリーズ3作目の『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』の最後に少しだけ出演。『ワイスピ』に相当思い入れがあった彼は、4作目の『ワイルド・スピード MAX』で出演オファーをされた時、シリーズの出演だけでなく制作にも携わることを条件に、シリーズに戻ることを承諾。以降、現在に至るまで主演を勤め上げてきた。

 そんな彼は、なぜ『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』に少しだけ出演したのだろうか? それには意外な理由が隠されていた。

ドムが『TOKYO DRIFT』に戻ってきた理由

 ヴィンは『ワイルド・スピード』に出演する一年前、自身の出世作となった映画『ピッチブラック』に出演していた。『ピッチブラック』はシリーズとして3作品が制作されているSFアクションで、この2作品は、どちらも米映画会社のユニバーサル・ピクチャーズによって配給されているもの。

画像2: ©️UNIVERSAL PICTURES

©️UNIVERSAL PICTURES

 彼は2000年に公開された『ピッチブラック』の続編、映画『リディック』に2004年に出演後、2006年に公開された『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』に出演オファーを受けた際、条件として、『ピッチブラック』シリーズの制作権が欲しいと映画会社にお願い。

 すると、米映画会社のユニバーサル・ピクチャーズはこれに同意。ヴィンは『TOKYO DRIFT』にカメオ出演することと引き換えに、『ピッチブラック』シリーズを制作する権利を得ていた、ということを米Hollywood Reporterが明かした。

画像: ドムが『TOKYO DRIFT』に戻ってきた理由

 意外な交渉術の高さで映画会社と駆け引きし、さらには映画のシリーズを制作する権利までえていたなんて、さすがヴィン。このおかげで、ヴィンは『ワイルド・スピード』シリーズにカムバックし、『ピッチブラック』シリーズの第3作目、『リディック: ギャラクシー・バトル』も公開にこぎつけた。

 そんな交渉上手なヴィンが主演の『ワイスピ』シリーズ最新作『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』は、2021年公開。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.