ニューヨークで撮影している『ゴシップガール』の新シリーズで、トーマス・ドハーティがセクシーな姿をして街中を歩く姿をキャッチした。(フロントロウ編集部)

『ゴシップガール』の撮影がスタート

 10月下旬頃からアメリカ・ニューヨークにて本格的に撮影がはじまったドラマ『ゴシップガール』の新シリーズ。

画像1: 『ゴシップガール』の撮影がスタート

 ニューヨーク・マンハッタンの富裕層エリア、アッパー・イースト・サイドに暮らすセレブ高校生たちの過激でゴージャスでファッショナブルなリアルライフを描いたドラマ『ゴシップガール』の終幕から8年後の世界が舞台となった『ゴシップガール』の新シリーズは、映画『ザ・ベビーシッター』や映画『ドクター・スリープ』のエミリー・アリン・リンドが主演に抜擢。

画像2: 『ゴシップガール』の撮影がスタート

 そして、ドラマ『サブリナ:ダーク・アドベンチャー』のホイットニー・ピーク、ドラマ『プリティ・リトル・ライアーズ』のスピンオフドラマ『プリティ・リトル・ライアーズ:ザ・パーフェクショニスツ』でデビューを果たしたイーライ・ブラウン、ブロードウェイでの活躍が注目され、ミュージカル『スパイダーマン:ターン・オフ・ザ・ダーク』などに出演した、ドラマ初出演となるジェイソン・ゴテイ、ドラマ版『リーサル・ウェポン』でスコセッシを演じたジョナサン・フェルナンデス、さらにはカナダの歌手で俳優のジョーダン・アレキサンダー、映画『ディセンダント』シリーズのトーマス・ドハーティといった、次世代を担う俳優やアーティストたちが大勢出演し、さらなる注目を集めている。

画像3: 『ゴシップガール』の撮影がスタート

トーマス・ドハーティがほぼ下着姿で登場

 つい先日にはオリジナル版の『ゴシップガール』でブレイク・ライブリー演じるセリーナ・ヴァンダーウッドセンとその親友でレイトン・ミースター演じるブレア・ウォルドーフが座っていたお決まりの場所であり、ファンにとっては聖地でもあるメトロポリタン美術館の階段でキャストが揃って撮影していたのが目撃されていたけれど、今回はセクシーな姿で撮影に挑んでいたトーマスの姿をキャッチ。

画像: トーマス・ドハーティがほぼ下着姿で登場

 なんとトーマスは、トム・フォード(Tom Ford)のパンツの上に黄金に輝くガウンを着用するというかなりセクシーな姿でニューヨークの街に登場。しかもトーマスは、ガウンを大胆に開けるというサービス精神旺盛な姿もキャッチ。

 もはやパンツ1枚の姿だけれど、見事な腹筋をみせるという姿を見せ、ファンのハートを奪った。

 『ゴシップガール』の撮影はニューヨークだけでなく、ロサンゼルスやカナダ・バンクーバーでも一部撮影が行なわれるそうで、これからも撮影は続く。

(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.