週末に世界各地で行われたLGBTパレードに、多数のセレブたちが駆け付けた。

LGBTの権利を支援「プライド月間」

 6月は、LGBT+の権利を支援する月間「プライド月間」のため、世界各国で大規模なパレードが開催されている。

 今週末にかけて、ニューヨーク、サンフランシスコ、シカゴなどのアメリカ都市部を中心に世界各地でパレードが行われ、多くのセレブが駆け付けた。

画像: LGBTの権利を支援「プライド月間」

多数のセレブが参加

 フランスのプライド・パレードでは、LGBT+の両親のもとで育ったヴィクシーモデルのジョセフィン・スクライヴァーが参加。

 またカナダで行われたプライド・パレードでは、カナダ首相のジャスティン・トルドーの姿も目撃された。

画像1: 多数のセレブが参加

 そしてアメリカ国内で行われた大規模なプライド・パレードには、数万人以上が参加し、その中にはシンガーのサム・スミスやケラーニ、女優のケリー・オズボーンなどのセレブが参加。

画像2: 多数のセレブが参加

333さん(@kehlani)がシェアした投稿 -

 さらにセレーナ・ゴメス製作のドラマ『13の理由』に出演するキャストや、『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』のキャストたちも参加し、LGBT+の権利を訴えた。

 ほかにも会場に来られなかったセレブなども、SNSなどを通してLGBT+への支持を表明している。

トランプ批判が色濃く反映

 特にアメリカで行われたプライド・パレードでは、LGBT+の権利を訴えるだけでなく、トランプ米大統領を批判するメッセージや、「Black Lives Matter」などの人種的な社会問題についてのメッセージも多く目撃。

画像1: トランプ批判が色濃く反映

 トランプ大統領の選挙中の「アメリカを再び偉大に」というスローガンを文字った「アメリカを再び考え直そう」というメッセージなどが多く見られた。

画像2: トランプ批判が色濃く反映

 さらに、白人警官による黒人射殺や、ゲイバーを襲ったフロリダ銃乱射事件など、武力を使った不平等な圧力への抵抗など、今回のパレードはLGBT+にとどまらない社会の訴えを表明する場となった。

画像3: トランプ批判が色濃く反映

This article is a sponsored article by
''.