Photo:スプラッシュ/アフロ、ニュースコム
57歳の誕生日を迎えたトム・クルーズのこれまでを写真とともに振り返ってみた。(フロントロウ編集部)

デビュー当時と変わらないカッコよさ

 本日7月3日は、映画『ミッション:インポッシブル』シリーズでおなじみの俳優トム・クルーズの誕生日。57歳となった現在もハリウッドの第一線で活躍するトムは、その変わらぬカッコよさで多くの人たちを魅了し続けている。今回は、そんなトムの功績を写真で振り返りました。

1983年【21歳】
 映画『卒業白書』でゴールデングローブ賞の主演男優賞にノミネートされる。

画像1: デビュー当時と変わらないカッコよさ

 白いワイシャツ1枚で歌って踊る姿は「見たことある!」という人も多いのでは?

画像2: デビュー当時と変わらないカッコよさ

1986年【24歳】
 つい先日、続編が制作されることが決まった映画『トップガン』が世界的に大ヒットを記録。

画像3: デビュー当時と変わらないカッコよさ

1989年【27歳】
 ベトナム戦争を題材にした映画『7月4日に生まれて』に主演。人生初となるゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞した。

画像4: デビュー当時と変わらないカッコよさ

1994年【32歳】
 映画『インタヴュー・ウィズ・ヴァンパイア』でヴァンパイアを演じて話題に。

画像5: デビュー当時と変わらないカッコよさ

 同映画で、俳優のブラッド・ピットと共演。

画像6: デビュー当時と変わらないカッコよさ

1996年【34歳】
 後に大ヒットシリーズとして続く映画『ミッション:インポッシブル』の第1弾が公開される。

画像7: デビュー当時と変わらないカッコよさ

1999年【37歳】
 映画『アイズ・ワイド・シャット』で、当時、婚姻関係にあった女優のニコール・キッドマンと共演した。

画像8: デビュー当時と変わらないカッコよさ

2003年【41歳】
 明治初頭の日本を舞台にした映画『ラスト・サムライ』に主演。

画像9: デビュー当時と変わらないカッコよさ

2008年【46歳】
 映画『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』で、ハゲ頭で中年太りのレス・グロスマンを熱演。役作りとはいえ、普段のトムとはかけ離れたルックスが世間に大きな衝撃を与えた。

画像10: デビュー当時と変わらないカッコよさ

2012年【50歳】
 自身の代表作『ミッション:インポッシブル』シリーズに続く、新たなアクション大作『アウトロー』に主演兼プロデューサーとして携わる。2016年には、続編の『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』も公開された。

画像11: デビュー当時と変わらないカッコよさ

2014年 【52歳】

 続編の制作がウワサされる映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』が公開。米Hollywood Reporterによると、主演のトムと女優のエミリー・ブラントが続投する見込みだという。

画像12: デビュー当時と変わらないカッコよさ

2017年【55歳】
 往年のモンスター映画を次世代に向けてリメイクする企画「ダーク・ユニバース」の第1弾となる映画『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』が日本で公開された。

画像13: デビュー当時と変わらないカッコよさ

2018年【56歳】

 シリーズ第6作目となる映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト 』が公開。撮影期間中、スタントに失敗して負傷するという、50代後半になってもアクションシーンを自らこなすトムならではのアクシデントに見舞われた。

画像14: デビュー当時と変わらないカッコよさ

2019年 【57歳】

 残念ながら2019年は公開作品がゼロ。ただし、2020年に映画『トップガン』の続編となる『トップガン: マーベリック』の公開を控えているので、乞うご期待!

『トップガン: マーヴェリック』を撮影中のトム。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.