クリスマスになると使われる「メリークリスマス」という言葉が、アメリカで徐々に使われなくなってきている。

「メリークリスマス」はもう言わない?

 クリスマスは、アメリカ国民の約90%が祝う大事な行事。

 そんななか近年アメリカで、来店者に「メリークリスマス」と言わないようスタッフに指示する店舗が増えているという。

画像1: 「メリークリスマス」はもう言わない?

 ピュー・リサーチ・センターによると、「メリークリスマス」というフレーズを使うと答えた店舗は、5年前の42%から32%へと大幅減少。

 クリスマスは祝うのに、「メリークリスマス」と言わなくなったのは、一体なぜなのか。

 それは、「メリークリスマス」が、本来はキリスト教に限定した挨拶の仕方だから。

 12月はユダヤ教徒が祝うハヌカの月でもあり、アメリカにはイスラム教やヒンドゥー教、仏教など、その他の宗教を信仰する人も多くいるため、キリスト教徒に限定しない「ハッピー・ホリデイズ(休暇おめでとう)」という挨拶をするお店が増えているのだ。

画像: 映画『(500)日のサマー』のズーイー・デシャネルはインスタグラムにハヌカをお祝いした写真を投稿している。

映画『(500)日のサマー』のズーイー・デシャネルはインスタグラムにハヌカをお祝いした写真を投稿している。

 とはいえ、同リサーチ・サンターに回答したアメリカ人の半数以上が、「メリークリスマス」と「ハッピー・ホリデイズ」のどちらで挨拶されても気にしないと回答しているため、「メリークリスマス」が「ハッピー・ホリデイズ」へと変わっているのは、店舗側の自主規制の部分が大きいよう。

画像2: 「メリークリスマス」はもう言わない?

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.