セレーナ・ゴメスが、自身のインスタグラムでフォローしていたアカウントを大量にアンフォローした。

インスタアカウントを大量アンフォロー

 インスタグラムのフォロワー世界1位のセレーナ・ゴメスが、今までフォローしていた友人らのアカウントを大量にアンフォローする行動にでた。

 これまで200人以上をフォローしていたセレーナだけれど、現在はたった32人しかフォローしていない。

画像: インスタアカウントを大量アンフォロー

 アンフォローしたアカウントには、セレーナの親友としても知られ、彼女の楽曲『フェティッシュ』のビジュアル撮影にも参加したフォトグラファーのペトラ・コリンズのアカウントも含まれている。

画像1: Selena Gomez on Instagram: “FETISH” www.instagram.com

FETISH

A post shared by Selena Gomez (@selenagomez) on

Selena Gomez on Instagram: “FETISH”

www.instagram.com

 では、セレーナがフォローを外さなかった、残された32人とは一体誰なのか?

 32のアカウントの半数が自身が広告塔を務めるブランドと、海外メディアやファンアカウント、ユニセフなどで、フォローしているのは企業や団体のアカウントが多い。

 そのなかでセレーナがフォローし続けている友人やセレブなどの個人アカウントは、昨年夏に腎臓移植でセレーナに腎臓提供した女優のフランシア・ライザや、BFFのテイラー・スウィフトなどたった12人だけ。

 その12人はコチラ。

フランシア・ライザ(親友)
テイラー・スウィフト(シンガー)
ジェシカ・アルバ(女優)
エイミー・シューマー(コメディアン兼女優)
ジュリア・マイケルズ(シンガー兼作詞家)
スチュアート・ヴィヴァ―ズ(コーチのクリエイティブディレクター)
コナー・フランクリン(モデル)
ブルック・フレーザー(作詞家)
ジャスティン・トランター(シンガー兼作詞家)
ケイト・ヤング(スタイリスト)
ニコラ・ジェスキエール(ルイ・ヴィトン デザイナー)
ジェイク・ベイリー(セレーナの元専属メイクアップアーティスト)

 昨年末にはセレーナの母親であるマンディ・ティーフェイをフォローしていないことが発覚したほか、現在“冷却期間中”と言われるジャスティン・ビーバーも、以前アンフォローしてからそのままの状態となっている。

 インスタ女王として君臨するセレーナは以前、「SNSとの付き合いが最も難しい関係」と米Harper's Bazaar誌に語り、SNSとの付き合い方に悩むことがあることを明かしていた。
 

This article is a sponsored article by
''.