シンガーのアリアナ・グランデが公演中に「ある事」を我慢できなくなり、つい実行に移してしまう場面が。

 MTVビデオ・ミュージック・アワード(以下VMA)で新アルバム『スウィートナー/Sweetner』の収録曲「ゴッド・イズ・ア・ウーマン」を披露し、圧巻のステージを見せたシンガーのアリアナ・グランデ(25)。この日、彼女が立ったのはVMAのステージだけではなかった。

画像: VMAでのパフォーマンスの様子。

VMAでのパフォーマンスの様子。

 アワード後、アリアナはニューヨーク市内にあるライヴハウスでアフターパーティを兼ねて行われたファン向けのミニライブ・イベント「スウィートナー・セッション」の舞台に登場。

 生バンドの演奏に合わせてアルバム収録曲の数々を歌い、観客たちを魅了した。

 VMAとは対照的にアットホームな雰囲気となった同イベントで、アリアナを舞台に呼び込む進行役を任せられたのが、彼女が6月にスピード婚約したコメディ俳優のピート・デヴィッドソン(24)。

 VMAのレッドカーペットで晴れてカップルデビューを果たし、見ているこちらが赤面してしまうほどのラブラブぶりを見せつけていたアリアナとピートだったけれど、2人のアツアツぶりは「スウィートナー・セッション」でも健在。それどころか、さらに加熱することに。

画像: VMAのレッドカーペットにて。

VMAのレッドカーペットにて。

 ピートに紹介されてステージに登場したアリアナは、たくさんの観客たちに見守られるなか彼と熱いキス!

 さらに、その後、パフォーマンスの合間にも関わらず、ピートとくっつきたくてたまらなくなってしまったアリアナが、舞台袖近くの客席で見守っていたピートにささっと歩み寄り、腕で顔を隠しながらキスをするという場面も。

 ピートへの愛の深さゆえ、ついついキスが我慢できなくなってしまったアリアナの驚きの行動に観客たちは大興奮。割れんばかりの悲鳴を上げて、2人を盛り上げていた。

 この日、もちろんピートに捧げた楽曲「ピート・デイヴィッドソン」を披露していたアリアナ。そんな彼女をピートは始終満足気な表情で見つめていた。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.