シンガーのセレーナ・ゴメスが、わざわざ友人のスマホから自身のインスタグラムに写真を投稿する理由とは?

ネットの世界から距離を置く

 セレーナ・ゴメスが表紙を飾った米Elleのインタビューで「ここ数ヶ月間、ネットを全然使っていない」と明かし、その理由についてこう語った。

 「私のスマホには何のアプリも入ってないの。もちろん写真を編集できるようなアプリもない。そういうことに頭を使うことに疲れちゃった。ネットの世界から距離を置くことにしたのは、“リアル”じゃないからよ。私の声が多くの人に影響を与えることは自分でもわかってる。軽はずみな行動はしないし、できる限り選ぶようにしてる。だからといって、隠そうとしているわけではないの。私生活でいうと、もし私がワインを飲む姿をみんなが見ているとしても、私は気にせずふた口飲むわ。それが私の人生だから。私は自分が望むままに生きている。何かを求めるなら多少の努力も必要よ。友達とある一定の時間を一緒に過ごすことができるなら、私は喜んでそっちを選ぶ。だからまずはアプリを消すことにしたの。私にはそれ以外の選択肢はなかった」

画像: ネットの世界から距離を置く

 ネットを取り巻く環境を“リアル(現実)じゃない”と感じ、いわゆるデジタルデトックスに近い方法で、インスタグラムといったSNSの世界から距離を置いていることを明かしたセレーナ。

デジタルデトックスって?
「デトックス」とは解毒という意味で、「デジタルデトックス」はその名の通り、デジタル機器による悪い影響を体から取り除こうというもの。 スマホやPCから距離を置いて、それらデジタル機器への依存を少なくするのが目的となっている。

 でも、ここでひとつ疑問が。インスタグラムのフォロワー数世界1位を誇り、「インスタ女王」とも呼ばれるセレーナは、ここ最近のインスタグラムの投稿を一体どうやっておこなっているのだろうか?

 その真相は...まさかの友人のスマホから!

 セレーナによると、友人の1人に彼女のインスタグラムにアクセスできる権限を与えているそうで、気が向いた時にその友人のスマホからインスタグラムの投稿をおこなっているのだとか。

 今年の春頃まで親密な関係にあった“腐れ縁”の元恋人でシンガーのジャスティン・ビーバーがモデルのヘイリー・ボールドウィンと婚約したことで、ここ1、2ヵ月のあいだ彼女の周囲がザワついているが、セレーナ本人はそういった雑音とは無縁の生活を送っているよう。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.