飛行機事故や交通事故など、ここのところ不運が続いているラッパーのポスト・マローンが、今度は「強盗」の被害にあっていたことがわかった。でも、ある理由で今回は難を逃れたとか…?

ポスト・マローンに3度目の“不幸”

 数々の破天荒エピソードを持つ注目の若手ラッパー、ポスト・マローンの“旧”自宅が強盗の被害にあっていたことが明らかになった。

 米TMZによると、被害にあったのはロサンゼルス郊外のサンフェルナンド・バレーにある一軒家で、犯行に及んだ3人組の男は明らかにポストのことを狙っていたそうで、「ポストはどこだ!?」と叫んでいたという。しかし、まさに不幸中の幸いと言うべきか、ポストはもうその家に住んでなかったため、彼自身の身に危険が及ぶことはなかった。

 ちなみに、ご存じの方もいると思うが、ポストは先日愛車のロールスロイスが大破する交通事故に巻き込まれたばかり。

画像1: ポスト・マローンに3度目の“不幸”

 また、その数週間前には、搭乗したプライベートジェットのタイヤ2本が離陸時に破裂し、緊急着陸するというアクシデントにも見舞われた。

画像2: ポスト・マローンに3度目の“不幸”

 先日の交通事故で、「神様は俺のことを嫌いに違いない」と冗談交じりに話していたポストだが、ここまで続けて色々と起こると、不吉なものを感じてしまう。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.