アリアナ・グランデが破局・婚約解消が報じられた元恋人に贈られた婚約指輪を返却したとの証言が浮上している。(フロントロウ編集部)

 6月に電撃婚約したコメディ俳優のピート・デヴィッドソンと、4ヵ月の交際の末に破局したと報じられているシンガーのアリアナ・グランデ

 一説には、婚約を解消しただけで、関係を完全に断ち切ることにしたわけではないという新証言も飛び出しているが、ここへ来て、アリアナはすでにピートからプロポーズの際に贈られた推定1100万円のダイヤの指輪を彼に返却済みだという関係者の証言が米TMZにより伝えられた。

画像: ピートがアリアナのために用意したのは、3.03カラットの涙のしずく型ダイヤが輝く特注の婚約指輪。制作には数週間を要したと言われている。

ピートがアリアナのために用意したのは、3.03カラットの涙のしずく型ダイヤが輝く特注の婚約指輪。制作には数週間を要したと言われている。

 アメリカでは、婚約破棄または離婚したカップルのどちらに資産の1つに数えられる婚約指輪の所有権があるかという法律は州によって異なり、指輪が純粋に“ギフト”として贈られたものか、それとも約束の成立をもって所有権が贈り主から受取人へと移行する“条件つきギフト”として贈られたものかどうかによっても処遇が変わる。

 後者の場合、アリアナとピートが2人の生活の拠点としていたニューヨークでは、婚約不成立となった場合には、約束不履行となり婚約指輪は購入者に返却されるのが法律的には正しい行いだとされている。そのため、アリアナがピートにすでに指輪を返却していたとしても、それはごく自然なことであると考えられる。

 ちなみに、ピートとの交際中に2人で飼い始めたペットの子ブタ「ピギー・スモールズ」の“親権”はアリアナが持つことになるという。

画像: ©Ariana Grande/ Instagram

©Ariana Grande/ Instagram

 アリアナはすでに溺愛するピギー・スモールズ専用のインスタグラムアカウントを開設しており、未投稿ながらフォロワー数は46万人を突破している。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.