エマ・ワトソンに新ロマンス! 気になるお相手の“超ハイスペック”男性ってどんな人?(フロントロウ編集部)

旅行中のキスが激写

 メキシコ旅行中にキスをする姿が激写されて新たな男性との熱愛が発覚した女優のエマ・ワトソン(28)。彼女の新しい恋のお相手は、米IT企業のCEOを務める9歳年上の一般人男性ブレンダン・ウォレス(37)。

画像: ©Brendan Wallace /Twitter

©Brendan Wallace /Twitter 

 一般客で賑わうレストランのテラス席でランチを楽しんだ2人は、昼間からカクテルを嗜みながら会話に花を咲かせていた。とくに変装をするわけでもなくラフな服装でリラックスした様子のエマの顔をテーブル越しに座ったブレンダンが両手を伸ばして引き寄せ、人目もはばからずに情熱的なキスを交わす様子なども目撃された。


お相手のIT企業CEOはどんな人?

 過去には、学校の同級生、若手投資家、ロックバンドのボーカル、俳優、IT起業家など数々の職種の男性と浮名を流してきたエマ。

 じつはワイルドな恋愛遍歴を持ち、自身も米アイヴィーリーグの名門校ブラウン大学卒という高学歴の持ち主である彼女が、新たなロマンス相手に選んだブレンダンの経歴もやっぱり凄かった!

 「超ハイスペック男性」なブレンダンの知っておくべき5つの情報を紹介。


①名門プリンストン大学卒後、スタンフォード大学でMBAを取得

アメリカの名門私立大学が集まるアイビーリーグの中でも、ハーバードに並ぶ難関レベルと言われるプリンストン大学を卒業。その後、さらに、名門スタンフォード大学で経営管理学の修士号(MBA)を取得した。


②超一流企業に入社

米国ニューヨークを本拠地とする世界最大手の金融機関、ゴールドマン・サックスに就職。220億ドル(約2.4兆円)という莫大な額が動いた一流企業の合併にアドバイザーとして携わった。大手投資ファンド運用会社ブラックストーン・グループへの転職後はヒルトン・ホテル・グループの買収にも関わった。


③IT企業を設立CEOに就任、エンジェル投資家としても活動

その後、独立したブレンダンは、スペイン語圏の地域で配車サービスを提供するCabify(キャビファイ)を共同設立。同社をラテンアメリカ最大のライドシェア・サービスへと成長させた。現在は投資会社Fifth Wall(フィフスウォール)の共同設立者・経営者に名前を連ねている。さらに創業間もない企業に対して資金を供給しスタートアップを助ける「エンジェル投資家」として60社以上への個人投資も行っている。


④ニューヨーク出身

現在はロサンゼルス在住。エマも最近は主にロサンゼルスを活動の拠点としているので、遠距離恋愛ではない。


⑤エマと同じく秘密主義

SNSにはあまりプライベートな情報を公開しておらず、ツイッターの投稿はビジネスやテクノロジーに関するものがほとんど。インスタグラムは非公開。

 

 今年3月にドラマ『グリー』の俳優コード・オーバーストリートとの熱愛が伝えられたエマ。その後、5月に破局報道が浮上したものの、その約1ヵ月後に2人の路上キスが激写されたため、しばらくの間、関係は続行していると見られていた。しかし、どうやら世間の目が届かないところでコードとは破局。ブランドンとの新たな恋を育んでいたようだ。(フロントロウ編集部)

※年齢差の表記に誤りがあったため修正しました

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.