伝説的ロックバンド、クイーンの自伝映画『ボヘミアン・ラプソディ』で故フレディ・マーキュリーを演じて、アカデミー賞主演男優賞を獲得した俳優のラミ・マレックの直しても直しても曲がっちゃう「蝶ネクタイ」に、授賞式で彼と会った人全員が直そうを必死に!?(フロントロウ編集部)

ラミの蝶ネクタイをみんなで直すも…

 現地時間2月24日、米ロサンゼルスにあるドルビーシアターで開催された第91回アカデミー賞授賞式(Academy Awards)で、主演男優賞に輝いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』のラミ・マレックの直しても直しても曲がっちゃう「蝶ネクタイ」が話題になっている。

画像1: twitter.com
twitter.com

 授賞式が始まる前のレッドカーペットでも、周りにいたスタッフや、授賞式に同伴した双子の弟サミ・マレックに曲がった蝶ネクタイを直してもらっていたラミ。

画像2: twitter.com
twitter.com

 映画『アリー/ スター誕生』でアカデミー賞主演女優賞に初ノミネートされたシンガーのレディー・ガガも、ラミの曲がった蝶ネクタイが気になったようで、授賞式の会場でラミと軽く言葉を交わした際にラミの胸元に手を伸ばし、ささっとお直し。

画像1: ラミの蝶ネクタイをみんなで直すも…

 手で「OK」のサインを出して、“完ぺき”という表情を見せたガガだったが…。

画像2: ラミの蝶ネクタイをみんなで直すも…

 ガガやみんなの苦労もむなしく、その後、主演男優賞の受賞スピーチのためにステージに上がった時には、再び曲がった状態に。恐らくラミ本人はそれほど気にしていないと思うが、ラミの蝶ネクタイを直すのに手を貸した人たちにとっては、残念極まりない結果となってしまった。

画像3: ラミの蝶ネクタイをみんなで直すも…

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.