ファッション界最大の祭典メットガラ(Met Gala)が開幕。例年のメットガラの中でもとくに奇抜なスタイルが期待できると言われた2019年のイベントで、最も奇抜なアクセを持ってきたのは、ジョーカー役のジャレッド・レト!(フロントロウ編集部)

ジャレッド・レト、生首持って参上

 メットガラ2019のテーマは、“人工的なもの・不自然なもの・芝居がかったもの”などといった意味を持つ「Camp: Notes on Fashion(キャンプ:ファッションについてのノート)」。テーマがテーマなうえ解釈の幅が広いだけに、今年はとくに奇抜なスタイルが見られるだろうと大きく期待されていた。

 日本時間5月7日朝にニューヨークのメトロポリタン美術館で開幕したメットガラ2019では、レディー・ガガがレッドカーペットでどんどん脱いで最後にはランジェリー姿になるパフォーマンスつきの衣装を披露するなど、奇想天外なレッドカーペットスタイルが次々登場。

画像1: ジャレッド・レト、生首持って参上

 そんな強豪ぞろいのなかで、“最も奇抜なアクセサリー”と多くの人が称しているのが、映画『スーサイド・スクワッド』でジョーカー役を演じたオスカー俳優のジャレッド・レトーが持ってきたあるアイテム。

 全身グッチ(Gucci)を着て現れたジャレッドが持っていたのは、なんと生首!

画像2: ジャレッド・レト、生首持って参上
画像3: ジャレッド・レト、生首持って参上

 しかもただの生首ではなく、ジャレッドそっくりの生首。レッドカーペットではジャレッドがこの生首を小脇に抱えたり、宙に上げて見つめ合ったりして、リアル・ジャレッドと生首ジャレッドの奇妙な共演が実現。さらにジャレッドが近くを歩いていたシンガーのショーン・メンデスに生首をぽいっと渡し、ショーンをびっくりさせるというひと幕も。

画像4: ジャレッド・レト、生首持って参上
画像5: ジャレッド・レト、生首持って参上
画像6: ジャレッド・レト、生首持って参上

 メットガラ2019には広告塔を務めるグッチを着て現れたジャレッド。アレッサンドロ・ミケーレがクリエエイティブディレクターを務めるグッチは2018年秋冬コレクションでモデルそっくりの生首をモデルに持たせてランウェイを歩かせるパフォーマンスをしており、今回のジャレッドの生首アイディアはそこが発祥と見られる。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.