セカンドアルバム『ファイン・ライン』をリリースしたシンガーのハリー・スタイルズが、前回、来日した際に人気アーティストの米津玄師と交流していたことが発覚。(フロントロウ編集部)

ハリーと米津玄師の貴重なツーショット写真

 12月13日に待望のニューアルバム『ファイン・ライン(Fine Line)』をリリースしたハリー・スタイルズが、前回、来日した際に「Lemon」や「パプリカ」などの大ヒット曲で知られる米津玄師と交流していたことがわかった。

 この写真は、ハリーとプライベートで親交があるクリエイターの野村訓一氏が、『ファイン・ライン』の発売を祝して、ハリーへのメッセージとともにインスタグラムにアップした複数の写真のなかの1枚。

 下の投稿から、日本滞在中のハリーの姿をとらえたほかの“未公開写真”も見ることができる。

 米津玄師のほかにも、野村氏の妻でモデルの佐田真由美や、俳優の松田翔太、モデルの水原希子といった、多くの有名人と日本滞在中に繋がっており、ファンからはハリーの日本での人脈の広さに驚きの声が上がっている。

大の親日家として有名

 ワン・ダイレクション時代から大の親日家で知られるハリーは、2018年になんと3回も来日。しかも、そのうちの2回はプライベートで、最後に来日した際には2018年から2019年の年末年始を日本で過ごし、さらにそのまま1ヵ月以上滞在して、2月1日の誕生日も日本でお祝いした。

画像: 大の親日家として有名

 来日するたびに日本語が上達しており、2018年5月に日本で行なったコンサートでは、「みんなに会いたかったです」「日本に住みたい」「帰りたくない」といった、高度な日本語も披露

 2020年からスタートするワールドツアー「ラブ・オン・ツアー 2020(LOVE ON TOUR 2020)」の日本での開催はまだ未定だが、次に日本に来る時は、さらに日本語力に磨きがかかっているに違いない。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.