ヒュー・ジャックマンが、去年のクリスマスにジェイク・ギレンホールとともにライアン・レイノルズへ仕掛けた「イジリ」を再現! その裏に感動の理由が。(フロントロウ編集部)

いじり合うヒュー、ライアン、ジェイク

 映画『X-MEN』のヒュー・ジャックマンと、映画『デッドプール』のライアン・レイノルズといえば、お互いの写真をSNSに投稿していじり合ったり、わざと悪口を言ったりと、お互いにちょっかいを出し合ってファンを笑わせている。

 さらにそこには、映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』のジェイク・ギレンホールが加わることもあり、「親友の日」には3人でお互いの写真を交互に投稿してはいじり合っていた。

 そんな3人の仲の良さが最初に大きな話題となったのが、1年前の2018年のクリスマス。ヒューとジェイクがライアンに「ダサいセーターを着る」パーティーだよと言っていたことで、ライアンはクリスマスのアグリーセーターを着用して登場。しかしパーティーは普通のパーティーだったため、ライアンは1人赤っ恥をかいてしまった。

 不機嫌になるライアンの両脇で大爆笑するヒューとジェイクの写真はファンの間で大人気となり、なんと約850万ものいいねが集まったほど。

 そんな“伝説のいじり”から約1年。なんと今年は、ヒューが去年のライアンのセーターと同じものを着て登場!

ダサセーターが復活

 ヒューはツイッターとインスタグラムに、ライアンとの写真を公開。今年は2人とも笑顔の写真に、ヒューはこんなコメントを添えた。

「マッチした下着も履くことにしたなんて、自分が信じられないな # あのセーターが帰ってきた」

 なんとヒューは、写真からは分からないけれど下着も同じ柄のものを身につけていると報告! しかしこれにはライアンが、「下着にまで口を出した記憶ないんだけど」とクールにつっこんでいた。

 1年ぶりのあのセーターの登場に多くのファンが喜んだけれど、今年はジェイクが写真にいないことから、「ジェイクなしでは完結しない」というコメントも多く寄せられた。ジェイクは写真に登場こそしなかったけれど、この写真にいいねを押しており、今年は2人のパーティーの様子を見る観客として楽しんだよう。

セーター復活の裏にはある理由が

 じつはアグリーセーターが復活したのは、ヒューとライアンが仲良しという理由だけではない。

 ライアンは今年、病気と闘う子供を支援するチャリティ団体SickKidsFoundationとコラボして、12月24日クリスマスイブの深夜24時までに集まった募金と同じ金額を寄付するという。上限は約1,100万円となっている。

 ライアンもヒューも、子供たちを育てるパパ。ダサいセーターの裏には、笑いと感動の素晴らしい理由が隠されていた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.