昨年からじわじわと人気が高まっている「シャギーヘア」。90年代に大ブームを起こしたシャギーヘアを古臭く見せず、今っぽく仕上げるコツを海外のプロが紹介した。(フロントロウ編集部)

ブーム再燃!小顔効果バツグンの「シャギーヘア」

 シンガーのテイラー・スウィフトセレーナ・ゴメスなど、数多くのセレブが取り入れたことで再び注目を集めている「シャギーヘア」とは、毛先に向かって細く鋭いラインにカットしていくヘアスタイルのこと。

画像: 女優のサラ・ハイランド

女優のサラ・ハイランド

 毛先をすくことで髪が軽やかに仕上がり、顔周りがシャープに見えるため、小顔効果が期待できるヘアスタイルとしても大人気!

画像: シンガーのテイラー・スウィフト

シンガーのテイラー・スウィフト

 またシャギーヘアは、どんなヘアスタイルにも自然な動きと軽さを与えてくれるのが魅力で、ヘアスタイリストのジョン・レイマンも、「ショートヘア、ロングヘアはもちろん、ストレートヘアやカールにもぜひ試してほしい」と汎用性が高いヘアスタイルだと太鼓判を押している。

「シャギーヘア」を今っぽく仕上げるには

 そんなブームが再燃しているシャギーヘアを、さらに今っぽく仕上げるコツは、「ウェーブ感を出す」こと。

画像: シンガーのセレーナ・ゴメス

シンガーのセレーナ・ゴメス

 セレブ御用達ヘアスタイリストのテッド・ギブソンは、「90年代のシャギーヘアは、ストレートヘアに取り入れることが多かったけれど、2020年はウェーブ感とボリュームがカギ」と、シャギーヘア特有の軽さを出しつつ、外ハネアレンジやカールで柔らかな動きを加えるのがトレンドのヘアスタイルだと米メディアAllureにコメント。

 また、セットしないとなかなか決まりにくいシャギーヘアも、巻き髪やパーマをかけることで自然な動きが生まれ、手入れやスタイリングが楽になるという嬉しいメリットも。ふんわりしたシルエットで、手間をかけずにこなれたヘアスタイルに格上げしてくれるという。

 透け感と大人っぽさの両方が手に入る、いま大人気のシャギーヘア。ちょっと古臭くなりそうでまだチャレンジしていないという人は、プロのアドバイスを参考に今っぽくアレンジしてみるのもよさそう。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.