シンガーのジャスティン・ビーバーの過去のツアーグッズの「ロゴ」がスズキのロゴにそっくりだとして、スズキの公式ツイッターがジャスティンをイジッた。(フロントロウ編集部)

スズキがジャスティン・ビーバーに“本物”をすすめる

 今年2月に待望のニューアルバム『チェンジズ(Changes)』をリリースしたシンガーのジャスティン・ビーバーが、前作『パーパス(Purpose)』を引っ提げて2016年から2017年にかけて行なったパーパス・ワールド・ツアーのツアーグッズに使用されていた「ロゴ」が日本の四輪車及び二輪車のメーカーであるスズキのロゴにそっくりだとして、スズキ・MotoGPの公式ツイッターが今さらながらジャスティンに反応して話題になっている。

画像: 2017年に撮られた写真。

2017年に撮られた写真。

 一時期、ジャスティンがプライベートでもよく着ていたパーパス・ワールド・ツアーのツアーグッズは、人気ブランド「フィア・オブ・ゴッド(FEAR OF GOD)」のデザイナー、ジェリー・ロレンゾが手がけたもので、この「S」はスタジアム(Stadium)の頭文字「S」を意味しており、偶然似てしまったわけではなく、実際にスズキのロゴにインスパイアされている。

 そのことを知ってか知らずか、先日、スズキ・MotoGPの公式ツイッターが、突然、例のツアーグッズを着たジャスティンの写真と“本物“のスズキのロゴグッズを着たレーシングチームのスタッフの写真に、「ヘイ、ジャスティン! 君は我々のSのロゴをずいぶんと気に入ってるみたいだね。もし“本物”を着たい場合は連絡をちょうだう。正真正銘のスズキのチームグッズを提供するよ」と粋なコメントを添えて投稿。怒るどころか、ジャスティンに“連絡をくれたらスズキのロゴ入りグッズをプレゼントする”と声をかけた。

 ちなみに、プライベートで旅行に訪れるほど大の親日家として知られるジャスティンは、とくに日本のポップカルチャーが大好きで、過去にインスタグラムのアイコンに任天堂の人気ゲーム「スーパーマリオシリーズ」 に出てくるキノピオにそっくりの自作キャラを使用して、ファンをザワつかせたこともある。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.