動画共有サービスのVevo(ヴィーヴォ)が2016年に最も視聴されたミュージック・ビデオのトップ10を発表。

最も視聴されたMV リアーナ ジャスティン・ビーバー アデル ドレイク

 最も再生回数が多いものは、これまでに18億回以上も再生されたというから驚き!

 さて、あなたのお気に入りアーティストのあの作品は何位にランクインしている?

※再生回数は米現地時間12月8日の集計時のもの。

 

10位

「クローサー(歌詞ビデオ)」 ザ・チェインスモーカーズ feat. ホールジー

再生回数:776,806,154回

 

 

9位

「ワーク」 リアーナ feat. ドレイク

再生回数:800,984,121回

 

 

8位

「アップタウン・ファンク」 マーク・ロンソン feat. ブルーノ・マーズ

再生回数:825,589,463回

7位

「ホットライン・ブリング」 ドレイク

再生回数:899,014,469回

 

 

6位

「ラヴ・ユアセルフ(パーパス:ザ・ムーヴメント)」 ジャスティン・ビーバー

再生回数:966,846,883回

 

5位

「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」 ジャスティン・ビーバー

再生回数:1,002,151,667回

 

4位

「ディスイズ・ホワット・ユー・ケイム・フォー」 カルヴィン・ハリス feat. リアーナ

再生回数:1,008,115,358回

 

3位

「ワーク・フロム・ホーム」 フィフス・ハーモニー feat. タイ・ダラー・サイン

再生回数:1,173,014,751回

 

2位

「ハロー」 アデル

再生回数:1,255,754,358回

 

1位

「ソーリー(パーパス:ザ・ムーヴメント)」 ジャスティン・ビーバー

再生回数:1,824,823,909回

 

 ジャスティン・ビーバーが1位に輝いた「ソーリー」を含む計3曲がランクインと圧倒的な人気を見せつけたほか、リアーナ、ドレイクもそれぞれ参加楽曲2曲ずつがランクインして健闘。トップ10にランクインしたどのMVも今回のVevoの発表によりさらに再生回数が増加中。

 Vevoは動画共有サービスながら、楽曲を聴く目的でもMVを再生する人が多く、年々利用者数を伸ばしている。

 

Text & Photo: フロントロウ編集部(FRONTROW)/Ayumi Nakazawa、ニュースコム、Vevo

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.