日本時間5月8日にアメリカで行われた、MTVムービーアワード内で映画『美女と野獣』のパロディが行われた。

 人気音楽チャンネルMTV主催のMTVムービーアワード2017が今年もカリフォルニアで行われた。
 毎年話題になるこのイベントは、今年もツイッターのワールドトレンド1位を独占するほど、注目度が高かった。
 そのなかでも今年話題をさらったのは、授賞式のオープニングを飾った映画『美女と野獣』のパロディ。

画像: エマ・ワトソンも興奮!MTV授賞式で本格『美女と野獣』パロディ

本家ベル役、エマも絶賛

 黄色のドレスがトレードマークのベルを、今回のパロディで演じたのはシンガー兼女優のヘイリー・スタインフェルド
 同アワードで今回ホストを務めた俳優のアダム・ディヴァインが、パロディで野獣役を演じ、歌や踊りを披露しながら「ベルが必要なんだ」と叫ぶと、客席からヘイリーがパープルのコートを脱ぎ捨てながら、「私はここよ」と応答し観客を沸かせた。
 しかも客席には映画『美女と野獣』でベル役を務めたエマ・ワトソンの姿もあり、本家の前でパロディを披露。

 エマは客席から出てきたヘイリーを見ると、その完成度に驚きながらもとても嬉しそうな様子で拍手をし、ベルの姿を称えた。
 このパロディには、映画『ピッチパーフェクト』のレベル・ウィンソンや『ストレンジャーシングス』のミリー・ボビー・ブラウンなども出演。
またこのパロディをセレブも笑顔で見守っており、オープニングからおおいに盛り上がっていた。

 ちなみに今回MTVムービーアワードで『美女と野獣』は、5部門ノミネートされており、2部門で受賞を果たしている。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.