ハロウィンイベントにやってきたヴィクトリアズ・シークレットのモデルたちが、完成度の高い仮装で夜のニューヨークを楽しんだ。

ヴィクシーエンジェルのガチすぎる仮装

 世界一の美女軍団と言われるヴィクトリアズ・シークレットのモデルであるジョセフィン・スクライヴァー、サラ・サンパイオ、ジャスミン・トゥークス、ライス・リベイロの4人が、ニューヨークで行われたハロウィンイベント「A Night Of Carnage」に登場。

 思い思いの仮装をして会場にやってきた4人の、一際目立つコスチュームのクオリティがすごい。

 こちらがその写真。

画像1: ヴィクシーエンジェルのガチすぎる仮装

『X-MEN』のミュータントのミスティークに扮したライスは、全身ブルーのペイントで存在感たっぷりに。

画像2: ヴィクシーエンジェルのガチすぎる仮装

 『キャットウーマン』に扮したジャスミンは、リアルな猫のようなメイクにボディースーツを着用。スタイル抜群な体のラインを強調してセクシーな印象に仕上げた。

画像3: ヴィクシーエンジェルのガチすぎる仮装

 赤ずきんに変身したサラは、顔全体から特殊メイクを施しカラコンを着用して、セクシーながらホラーな雰囲気を演出。

画像4: ヴィクシーエンジェルのガチすぎる仮装

 そしてジョセフィンは、『羊たちの沈黙』のハンニバル・レクター博士に仮装し、ダークな雰囲気マックスに。顔の半分以上を覆ったマスクと白で統一した衣装で、囚人服を着たレクター博士を忠実に再現。

画像5: ヴィクシーエンジェルのガチすぎる仮装

 いつもはその美貌で多くの人を魅了するヴィクシーモデルの4人だけれど、ハロウィンでは本気度の高い渾身の仮装で恐怖を誘った。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.