『スパイダーマン』の因縁の敵と言われている邪悪な悪役ヴェノムの物語が映画化され、ついに撮影中の写真が公開された。

大人気の悪役キャラ「ヴェノム」

 マーベルコミックの中でも大人気の悪役であるヴェノムが主人公となる作品の映画化は、今年の5月に決定していたが、その詳細についてはベールに包まれたままだった。

 スパイダーマンの最大の敵であるヴェノムは、スパイダーマンを凌ぐほどの力を持つとして悪名高く、マーベル作品の悪役キャラクターの中でも、とくに人気のキャラクター。

画像1: 大人気の悪役キャラ「ヴェノム」

 そんな人気の悪役ヴェノムの作品が、ついに映画化。人気キャラクターであるだけに大きな期待が高まるなか、製作陣と出演者が写った写真が初公開された。

画像2: 大人気の悪役キャラ「ヴェノム」

 公式ツイッターに初めて投稿されたツイートには、『ダークナイト ライジング』でバットマンの敵ベイン役のトム・ハーディの姿が。
 写真中央には、監督のルーベン・フライシャーが写っている。

 映画では2007年の『スパイダーマン3』で、トファー・グレイスがヴェノム役を演じたけれど、今回は本家マーベルの制作によって、主演のヴェノムをトムが演じることになる。

画像3: 大人気の悪役キャラ「ヴェノム」

 全米公開は来年2018年10月5日を予定しているものの、あらすじすら未だに明らかになっていないという超極秘で進んでいるこの映画。

 トムのほかに、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』のミシェル・ウィリアムズや、『ジェイソン・ボーン』のリズ・アーメッドなどが出演予定。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.